全く名前負けしてない陸自「高機動車」どんなクルマ? トヨタ「メガクルーザー」原型

「高機動」をその名にうたう陸自の車両があります。トヨタ「メガクルーザー」としてかつて一般販売されていたこともあるこのクルマ、相当高価だったそうですが、その価格にもその名にも恥じない性能を誇っています。

「高機動」をうたうだけのことはあるクルマ

 どんな悪路であっても颯爽と駆け抜ける陸上自衛隊の高機動車。トヨタが製造するこの車両は、その姿形から「和製ハマー」との異名も持っています。過去にはトヨタが民生バージョン(一般販売用)として「メガクルーザー」をリリースしましたが、2001(平成13)年をもって新車販売は終了しています。そのため2020年現在、入手するには中古車市場で探すしかありませんが、販売台数が少なかったこともあり、価格は高騰しています。

Large 201005 hmv 01

拡大画像

練馬駐屯地記念行事で登場した、地対空ミサイルを搭載した第1高射特科大隊の高機動車(武若雅哉撮影)。

 高機動車のスペックを調べてみると、全長4.91m、全幅2.15m、全高2.24m、車体重量2.64tと、おおむね一般的に販売されているミニバンよりも横幅があり全高も高くなっていますが、最小旋回半径は約4.6mと小回りの利く車両となっています。これは、駆動方式が「逆位相4WS」であるがゆえです。ハンドルの切れ角に応じて後輪が前輪と逆に動くというもので、大型ボディのわりに小回りが利くようになっているのです。

 ほかにも、「水深80cmでも走行可能」「左右43度までの傾きに堪える」「60%以上の傾斜でも登ることができる」「75cm幅の溝を超えることができる」「50cm以上の高さの障害物を超えることができる」などなど、一般的なクルマに比べ高い悪路走行性能が特徴です。

Large 201005 hmv 02

拡大画像

航空機用電源を搭載した高機動車もあり、全国の航空基地でその姿を見ることができる(武若雅哉撮影)。

 また、悪路を走行する際にはタイヤの空気圧を低くした方がより安定して走ることができるのですが、高機動車の場合、運転席のスイッチを操作することによって、タイヤの空気圧を自動で変更することができます。

【写真】陸自とはひと味違うかも 空自や国交省の「メガクルーザー」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント