先進国だったはずなのに…WW2緒戦フランス戦車はドイツ戦車になぜ大敗北を喫した?

敵は陸上ばかりにあらず 制空権も喪失して…

 英仏連合軍が完全に劣勢に転じたあとの1940(昭和15)年5月21日、アラスで戦車戦が行われますが、混乱するフランス軍にかわり、ここで主体となったのはイギリス軍の戦車部隊でした。フランス第3軽機械化師団は後方を担当します。

Large 201020 fra 04

拡大画像

ルノー D2 中戦車。

 このフランス戦車部隊は、退却するイギリス軍を追撃してきたドイツ軍の一時的な押し戻しには成功しますが、航空支援によって結局、撃破されています。この頃になると、完全に制空権はドイツが握っており、その空陸一体の攻撃にさらなる損害が出るようになりました。

 第1次世界大戦では戦車先進国だったフランス、第2次世界大戦時でもその優れた開発能力は、戦車の性能を見ると維持されていたといえるでしょう。ただ、あまりに防衛戦に固執したプランで戦車も開発してしまった関係上、鈍重な動きをしているあいだに、軽快なドイツ戦車に圧倒されてしまったのです。結局、硬くて強いだけではだめだったわけですね。

【了】

【写真】対するドイツの切札は…現存するIII号戦車

Writer: 斎藤雅道(ライター/編集者)

ミリタリー、芸能、グルメ、自動車、歴史、映画、テレビ、健康ネタなどなど、女性向けコスメ以外は基本やるなんでも屋ライター。一応、得意分野はホビー、アニメ、ゲームなどのサブカルネタ。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント