B-29と朝鮮戦争の空 迎え撃つは戦後ジェット戦闘機MiG-15 その勝負の行方は…?

アメリカ軍のB-29爆撃機は「スーパーフォートレス(超空の要塞)」の名のとおり、旧日本軍の戦闘機をものともしない性能を発揮しました。時は移り朝鮮戦争、このレシプロ爆撃機をジェット戦闘機が迎え撃ちます。MiG-15戦闘機の登場です。

日本を焼き払ったB-29の次なる戦場は…

「超空の要塞」B-29は、日本人にとっては因縁深い爆撃機です。旧日本軍の戦闘機は、この要塞を迎え撃つには明らかに性能不足で、敗戦まで有効な対抗策を打ち出すことができませんでした。

Large 201109 b29 01

拡大画像

B-29「スーパーフォートレス」爆撃機(画像:アメリカ空軍)。

 1950(昭和25)年6月25日、朝鮮戦争が勃発します。ソ連(当時)の全面的な支援を受けた北朝鮮軍が韓国に侵攻し、アメリカが主導する国連軍が対抗します。アメリカは朝鮮の空にもB-29を投入しますが、当時は日本敗戦から5年が経過し、航空機技術はどんどん進歩を遂げジェット機時代を迎えつつあったころです。北朝鮮へ援軍として送り込まれた中国義勇軍には、ソ連から供与された最新鋭のジェット戦闘機MiG-15が配備されていました。はたしてソ連製ジェット戦闘機は、日本製レシプロ戦闘機がかなわなかった「超空の要塞」を返り討ちにできたのでしょうか。

 B-29が初飛行したのは1942(昭和17)年9月21日のことで、MiG-15の初飛行は1947(昭和22)年12月30日です。戦中レシプロ爆撃機VS戦後ジェット戦闘機は、字面だけ見ればジェット戦闘機が圧勝しそうですが、実際はそんなに簡単な話ではありませんでした。

Large 201109 b29 02

拡大画像

北朝鮮の工場を爆撃するB-29(画像:アメリカ空軍)。

 朝鮮戦争ではB-29を活用できる場が限られていました。北朝鮮はソ連や中国からの全面的な支援物資で戦争を行っており、日本のような大都市や工業地帯、交通結節点など、いわゆる戦略目標がほとんどなかったからです。

 B-29はかつての敵地、日本の横田基地(東京都福生市)から出撃し、おもに北朝鮮軍部隊や兵站を爆撃したのですが、戦略爆撃というより地上作戦支援攻撃といったほうがよく、対日爆撃作戦と勝手は違っていました。当初は朝鮮の空にも敵は無く、悠々と爆撃任務を実施しています。

Large 201109 b29 03

拡大画像

1952年10月、B-29の爆撃を受ける北朝鮮の清川江に架かる橋梁。6本かけられているがほとんど破壊されている様子(画像:アメリカ空軍)。

 1950(昭和25)年10月11日、ソ連の最高指導者スターリンは当時、最新のジェット戦闘機だったMiG-15を、北朝鮮を支援する中国義勇軍へ供与することに同意します。中朝国境の鴨緑江周辺空域の防空を任務とするソ連空軍第64戦闘航空団が編制され、中国の洛陽に派遣されます。国連軍パイロットは後にこの空域のことを「ミグ回廊」と呼ぶようになります。

【画像】MiG-15で亡命すれば報奨金 機体欲しさに米軍が散布したビラ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント