英エンジン+独主翼=最強戦闘機MiG-15爆誕! 世界が震撼した「ミグショック」の顛末

最高のエンジンに最高の機体デザインを組み合わせたら最強戦闘機のできあがり、という、ウソのような本当のお話がありました。朝鮮戦争期、世界中を驚かせた「ミグショック」とその背景を解説します。

朝鮮戦争の空に走った「ミグショック」

 朝鮮戦争において姿を現したソ連製高性能ジェット戦闘機MiG-15は、アメリカをはじめ西側諸国に大きな衝撃を与えました。俗に「ミグショック」などとも呼ばれ、ソ連ミグ設計局の名を一躍、世界に轟かせます。2020年の今年は、そのミグショックから70年を数えます。

Large 200821 nene 01

拡大画像

驚異的な高性能から「ミグショック」とも呼ばれたMiG-15。「ニーン」を国産化したVK-1を搭載。推力増強型VK-1F搭載MiG-17はさらに高性能化した(関 賢太郎撮影)。

 MiG-15は1950(昭和25)年時点において、恐るべき性能を持った戦闘機でした。その強さには、おもにふたつの要因が挙げられます。

 その第一は、ロールスロイス「ニーン(Nene)」ジェットエンジンです。「ニーン」は非常に強力かつ信頼性の高いエンジンであり、東西冷戦による英ソ対立が深まる少し前に、イギリスから合法的にソ連へ譲渡されていました。

 そして第二に、音速に近づくほど抵抗軽減効果をもたらす「後退翼」が挙げられます。後退翼は第2次世界大戦以前から公開されていた民間技術だったものの、ドイツのみがその重要性に気付き試験を行っており、ソ連は独ソ戦勝利によってこのデータを得ることができました。

 いわばMiG-15は「イギリス製エンジンを積みドイツの空力データで開発されたソ連製戦闘機」といっても過言ではない機体でした。「イギリスやドイツの技術を流用するしかできないソ連が高性能戦闘機を開発できるはずがない」――当時、西側諸国の航空関係者の多くはそう考えていました。

 ところが朝鮮戦争で実際にMiG-15の性能が明らかになると、イギリス、フランス、アメリカといった西側主要国の戦闘機は、辛うじてF-86「セイバー」が対等だった以外、すべてMiG-15に大きく劣るという驚愕の結果を知ることになります。

【写真】ハングルも見えるMiG-15のコックピット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 配信を停止してして下さい。