F/A-18「ホーネット」の大逆転劇 「空」がダメなら「海」で飛ばせばいいじゃない!

アメリカ軍はじめ各国軍で採用されているF/A-18「ホーネット」戦闘攻撃機は、実は一度、制式採用のコンペに敗れていました。しかしトコロ変われば敗因要素がむしろ評価されるという、文字通りの大逆転劇が繰り広げられることになります。

アメリカ海軍の顔「ブルーエンジェルス」の使用機といえば…?

 2020年11月4日、アメリカのフロリダ州ペンサコラで、アメリカ海軍のアクロバット飛行チーム「ブルーエンジェルス」が、F/A-18C/D「ホーネット」戦闘機を使用する最後のフライトを実施しました。

Large 201124 fa18 01

拡大画像

2020年11月4日にフロリダ州ペンサコラで行なわれた、ブルーエンジェルスによるF/A-18C/Dのラストフライト(画像:アメリカ海軍)。

 ブルーエンジェルスは、2008(平成20)年1月からF/A-18C/Dを使用してきましたが、1986(昭和61)年11月から2008年1月まではF/A-18C/Dの原型であるF/A-18A/B「ホーネット」を使用しており、すなわちブルーエンジェルスは34年間に渡って、F/A-18「ホーネット」を使用してきたことになります。

 ブルーエンジェルスは第2次世界大戦終結直後の1946(昭和21)年4月に、一般国民の海軍航空兵力への関心を維持することを目的に設立された、いわばアメリカ海軍の「顔」とでもいうべき飛行隊です。その重責を歴代の使用機のなかで最も長く務めたF/A-18「ホーネット」もまた、アメリカ海軍の「顔」として一時代を築いた戦闘機ですが、実のところF/A-18は、アメリカ海軍のために一から開発された戦闘機ではありませんでした。

Large 201124 fa18 02

拡大画像

最後のフライトを終えてテキサス州のコーパス・クリスティ海軍航空基地に到着したブルーエンジェルスのF/A-18C。今後は同基地で展示される予定(画像:アメリカ海軍)。

 アメリカ空軍は1960年代半ばより、ベトナム戦争で旧ソ連製戦闘機に苦戦を強いられた苦い教訓から、高い空対空戦闘能力を持つ戦闘機の開発に取り組み、1970年代前半にF-15「イーグル」の完成へとこぎつけました。

 F-15は実用化から40年以上が経過した2020年現在でも第一線で働けるほど、高い空対空戦闘能力を持つ戦闘機ですが、その能力を実現するため当時の最先端の技術や、高価な素材を盛り込んだ結果、性能だけでなく価格も高い戦闘機となってしまいました。このためアメリカ空軍は、F-15を補佐する安価な「軽量戦闘機」の開発に取り組むことになります。

【写真】ライバルそろい踏み 開発機YF-16とYF-17のランデブー飛行

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to Cancel reply

1件のコメント

  1. YF-17は在来の操縦系統
    YF-16はフライバイワイヤ
    海軍はレーダー機器に悪影響を与える疑念とフライバイワイヤの故障での事故
    及びF-16の情報書類を乗せた機体が墜落してイメージ悪化が書いてないぞ