ロッカー経由で商品がいつでも受け取れる 小田急の「本厚木ミロード」でサービス開始

コロナ禍、非対面で商品が受け取れます。

Large 201206 atrai 01
ロッカーの設置イメージ(画像:小田急SCディベロップメント)。

 小田急線の本厚木駅(神奈川県厚木市)に直結する商業施設「本厚木ミロード」で2020年12月4日(金)より、店舗商品をロッカーで受け取れるサービスが始まりました。

 これは取り寄せや修理などで受け取りが後日になる商品について、店舗の営業時間に縛られることなく、ロッカーを介していつでも受け取りが可能になるサービス。対象店舗は薬局などです。

 ロッカーの解錠はスマートフォンで行います。店舗であらかじめロッカー受け取りの旨を伝え、専用のアプリをダウンロード。受け取る際にアプリを操作します。誰が、いつ、どのロッカーを開けたかを把握できるため、第三者による不正な持ち出しを防げます。なお、新型コロナウイルス感染症が流行する今、非対面での商品受け取りが可能です。

 ロッカーの設置台数は3台18口。利用時間は初電から終電までです。料金は受け取り希望日から3日間は無料ですが、利用者都合で延長する場合は24時間あたり400円が必要です。

 キャッシュレス決済を備えた多機能ロッカーとしても使えるほか、一般利用としての荷物の預かりにも対応しています。

【了】

【地図】ロッカーの設置場所

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント