陸自オスプレイ「護衛」に課題 戦闘機も攻撃ヘリも力不足? 米海兵隊はどうしたか

飛行機のように飛び、ヘリコプターのように離着陸するティルトローター機「オスプレイ」。陸上自衛隊も運用を始めた機体ですが、新形態の航空機ゆえに、従来の飛行機やヘリコプターでは護衛できないそう。どういうことでしょうか。

目には目を ヘリコプターの護衛にはヘリコプターを

 飛行機と違い、狭い場所でも離着陸できるヘリコプター。その特性を活かして実施される戦術が「ヘリボーン」と呼ばれる空中強襲戦術です。

 ヘリコプターであれば、山や谷、河川や海洋などを飛び越えていくことができるため、短時間で敵に攻撃を仕掛けることが可能です。そのため、陸上自衛隊においても有用視されており、離島防衛などではヘリコプターによる部隊展開が考えられていますが、ヘリボーン作戦、空中強襲戦術にも弱点はあります。

 それは、主にヘリコプターから味方部隊を降ろしているときです。この間は、敵がミサイルや機銃を撃ってきても退避行動をとれるわけでもなく、どうしても無防備な状態を一定時間さらす形になります。かといって、周辺警戒のために戦車を始めとした地上車両の支援を受けようにも、事前に現地へ進出していない限り、ヘリコプターと同じ速度で展開することはできず、なおかつ地形を超越していくことは無理です。

Large 201207 osprey 01

拡大画像

千葉県にある木更津駐屯地に配備された陸上自衛隊の「オスプレイ」(画像:陸上自衛隊)。

 一方、同じように空飛ぶものであっても、飛行機(固定翼機)で支援する場合は、ヘリコプターと異なり、その場にとどまること(ホバリング)ができないため、攻撃しつつ航過(飛び去る)せざるを得ず、次の攻撃位置に着くまでに時間がかかり、敵を漏れなく掃討するのが難しいという欠点があります。

 また飛行中も、ヘリコプターは飛行機と違い速度が遅く、動きも緩慢なため、戦闘機では護衛しづらいという点もあります。

 だからこそ、輸送ヘリコプターに終始随伴でき、護衛や周辺警戒、敵に対する攻撃を常時行える機体として、機関銃やロケット弾を搭載した武装ヘリコプターや攻撃ヘリコプターが開発されたのです。

【画像】空飛ぶ「オスプレイ」から陸自隊員がロープ1本で降りる瞬間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 役不足の意味違わないですか?

  2. 「役不足」の使い方を間違えてませんか?