入間基地の訓練で見た 航空自衛隊のCH-47J「チヌーク」だけが装備する特許技術って?

世界20か国以上で使用され、累計1200機以上の生産数を誇るベストセラー輸送ヘリコプターのCH-47「チヌーク」。航空自衛隊が装備する機体には、特許まで取ったレア装備があるそうです。

空自が大型輸送ヘリを装備する理由

 2020年現在、日本国内で登録されている各種ヘリコプターのなかで最も大きいといわれるのが、防衛省/自衛隊が保有するCH-47J「チヌーク」です。

 同機は現在、陸上自衛隊と航空自衛隊に配備されており、一見すると所属が違うだけで同じ機体を運用しているようにも思えますが、航空自衛隊の「チヌーク」には陸上自衛隊の機体にはない特徴がいくつかあります。埼玉県にある航空自衛隊入間基地で、その実機を使った訓練を取材しました。

Large 201004 ch47j 01

拡大画像

入間基地の一角で人員牽吊訓練を行う航空自衛隊航空救難団入間ヘリコプター空輸隊のCH-47J「チヌーク」輸送ヘリコプター(2020年9月、柘植優介撮影)。

 入間基地でCH-47J「チヌーク」を運用するのは航空救難団入間ヘリコプター空輸隊です。航空自衛隊にはC-1やC-2、C-130Hなど各種輸送機があるものの、それらは離着陸に滑走路が必要なため、CH-47J「チヌーク」は滑走路のない、離島やへき地のレーダーサイトや通信基地などに、各種機材や補給物資、人員などを運ぶ、いわゆる「端末輸送」を担っています。

 機内には約8.5tの物資、あるいは人員ならば乗員5人のほかに48人を載せることが可能です。6t搭載時の航続距離は約1000㎞で、埼玉県入間基地から鹿児島県あたりまで無給油で物資や隊員などを空輸できるそうです。

【写真】空自「チヌーク」の特徴 床レベリング装置&ホイストを使った訓練の様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント