災害派遣に「オスプレイ」は使えるの? 「お値段以上」になるかもしれない使い方とは?

陸上自衛隊のV-22「オスプレイ」が千葉県の木更津駐屯地に到着しました。離島防衛のイメージが強い「オスプレイ」ですが、今後は災害派遣にも使われます。既存の救難機やヘリコプターなどと比べ、どのような利点があるのでしょう。

「オスプレイ」は果たして災害派遣にも有用なのか

 2020年7月、千葉県の木更津駐屯地に、陸上自衛隊仕様のV-22「オスプレイ」2機が相次いで到着しました。国土防衛とともに災害派遣についても運用される予定ですが、実際、災害派遣ではなにができるのでしょうか。

Large 200716 ospray 01

拡大画像

2020年7月16日、陸上自衛隊の木更津駐屯地に着陸した日本仕様のV-22「オスプレイ」(画像:陸上自衛隊)。

 V-22「オスプレイ」の特徴は、飛行機(固定翼機)とヘリコプター(回転翼機)の両方の機能を備えているという点です。飛行機はヘリコプターよりも速度と航続距離において優れていますが、離着陸には一定の長さの滑走路が必須です。

 一方、ヘリコプターは速度や航続距離は飛行機に劣るものの垂直離着陸が可能で、ホバリングと呼ばれる空中停止も行えます。このため「オスプレイ」も高層ビルなどの屋上に設けられたヘリポートが使えるほか、空母のような特別な装備のある船でなくとも発着できます。

 この両者の性能をV-22「オスプレイ」は兼ね備えています。飛行スピードの速さはもちろんのこと、ノンストップで目的地に行くことができる航続距離の長さも、被災地域へ迅速かつ短時間で向かうことに直結します。

 また実用上昇限度についてもV-22「オスプレイ」は飛行機並みで、高度約8000mまで可能です。

【写真】「オスプレイ」の機内 操縦席は飛行機と一緒?

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

7件のコメント

  1. 回転するブレードの下には、ダウンウォッシュという台風並の風が吹き下ろしています。
    洋上や山間部では、重量の重いオスプレイを支えるためのダウンウォッシュは、要救助者を沈める・吹き飛ばすことになるでしょう。

    小笠原の急患輸送のような陸地間輸送であれば実効性は高いと思います。しかし、乗り物が好きなのであれば、'ホバリングもできる'と、'ホバリングに適している'の違いをもう少し調べられた方がいいかもしれません。

  2. V-22「オスプレイ」は、本来の目的は、離島奪還作戦の軍事用です。
    災害救助目的には、ヘリコプターよりも真下に吹き付ける風が強く、適さないと思います。
    せいぜい、離島の空港が無い島から、傷病者の輸送には使えるくらいでしょうか。

  3. お値段以上、オスプレイ

  4. 確かにオスプレイは使い方次第では有用ですが、皆さん書かれている通り強力なダウンウォッシュがありますので、記事内で言うと御嶽山の場合は火山灰の巻き上げと、それがエンジン吸気されてエンジン壊れることが想定されますし、海上救助はダウンウォッシュに加えて、高温のエンジン排気が下方に流れますので、ホバリング救助はやらない(やれない)と思われます。災害派遣の際に、着陸した広場の芝生が焼けた焦げた案件ありましたよね。なので小笠原の緊急搬送はオスプレイに変わるかもしれませんが、海上救助は今後もUS-2が必須という持論です。

  5. 小笠原の急患輸送はUS-2の出動件数の7割を占める。
    US-2はエンジン4基の大型機で、燃料消費量はもちろん、運用に要する人手も費用も大きい。
    オスプレイで代替し、US-2を減らせば良い。

  6. 与圧のないオスプレイと、先代US-1からの進化で与圧を求められて対応したUS-2。
    与圧の有る無しで飛行ルート選択も大きく広がったことを考えると、オスプレイに小笠原諸島からの傷病者輸送任務を求めるのは荷が重いのではないか。

  7. 与圧機でなければ急患搬送はできないということはありません。
    小笠原の急患搬送でも夜間は父島/母島から硫黄島までの270km余りを非与圧の海上自衛隊のヘリコプターSH-60で運んでいます。
    また沖縄では離島からの急患搬送を非与圧の陸上自衛隊のヘリコプターCH-47で行なっています。