「餃子」は最初から排除 芳賀・宇都宮LRT車両愛称を投票受付中 一般公募避けた「深いワケ」

栃木県で建設が進む「芳賀・宇都宮LRT」の車両愛称が、4つの最終案に絞られました。山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」は一般公募により駅名案が募集されましたが、今回はあらかじめ設けられた案の投票形式に。そうしたのにはワケがありました。

「雷都を未来へ」のコンセプトの元、4つの案が提示

 栃木県の宇都宮駅と芳賀町の工業団地を結ぶ計画で、建設工事が進む「芳賀・宇都宮LRT」。その車両の愛称について、現在4つの案から一般投票が行われています。

Large 201215 lrt 01
「芳賀・宇都宮LRT」の車両イメージ。2021年春に納入予定(画像:宇都宮市)。

 4つの案は、トータルデザインコンセプトである「雷都を未来へ」を主軸に据え、およそ600ものアイデアから吟味されたものです。「雷都」とは宇都宮のことで、古来より夏季を中心に雷が多く発生する地理的特性が込められています。

 車両の愛称案は次の4つです。

・「ライトライン」…雷都+LINEの造語で、Light(光)との掛け言葉でもあり、「未来への光の道筋」というメッセージが込められています。

・「ウィライト」…宇都宮周辺地域の東西を結ぶ意味で、West(西)とEast(東)の頭文字をつなげた「WE」に、雷都を合わせた案です。「WE」には「私たち」という意味もあります。

・「ミライド」…未来+雷+RIDE(乗る)の造語で、「雷都における未来の乗り物」になるといったメッセージが込められています。

・「ミライトラン」…未来+雷都+RUN(走る)の造語で、「未来の雷都に向けてLRTが走り続ける」といったメッセージが込められています。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント