2022年開業「宇都宮LRT」建設を見る ルートは山あり谷あり どれくらい進んだ?

新しい路面電車「芳賀・宇都宮LRT」。建設工事は、レール敷設まで進んでいる箇所もあるものの、まだ線路の影も形もできていないところもあり、区間により進捗はまちまちです。2022年3月の開業、間に合うのでしょうか。

レール敷設まで進んでいるのは、ほんの一部

 栃木県宇都宮市および芳賀町で路面電車「芳賀・宇都宮LRT」の建設工事が進んでいます。全線新設の路面電車は、少なくともここ30年では初めて。2020年11月の宇都宮市長選では、LRT建設を推進する佐藤栄一市長が、計画凍結を訴える候補を押さえて5選を果たし、弾みがついたといえるでしょう。

 建設工事はどこまで進んでいるのでしょうか。9月にはレールの敷設も始まってはいるものの、11月時点において、そこまで進んでいる箇所はほんの一部でしかありません。

Large 201116 lrt 01

拡大画像

鬼怒川の東側ではLRT専用の高架橋ができつつあった(2020年11月、中島洋平撮影)。

 現在整備中の区間は14.6kmで、主に以下の4つに分けられます。

(1)JR宇都宮駅東口~平出町:駅から東へ延びる市街地の道路上を走る区間。
(2)平出町~作新学院北:農地の上や鬼怒川をまたぐ区間など、専用線を走る区間。
(3)作新学院北~テクノポリス東:工業団地やニュータウン内の広い道路上を走る区間。
(4)テクノポリス東~本田技研北門:芳賀町による整備区間。(3)と連続した道路上を走る。

 それぞれの区間の建設状況は、どうなっているのでしょうか。

【地図】芳賀・宇都宮LRTの路線図

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. うまくいかないかはやってみなければわからない…最初?で最後の例になるのかどうか…