開業延期「宇都宮LRT」なぜ? 車両納入も遅れ 事業費200億円増の内訳は

開業の約1年延期が発表された芳賀・宇都宮LRT。事業費はさらに200億円以上の増額となりました。延期の理由、増額分の内訳は、それぞれ何なのでしょうか。

宇都宮市内は工事未着手2割

 宇都宮市は2021年1月25日(月)、市域で整備中の次世代型路面電車「芳賀・宇都宮LRT」の事業進捗について発表しました。

 LRTをめぐっては、1月に入り開業が1年ほど遅れる見通しであることが、関係者の話として複数のメディアから報じられましたが、今回、その詳細が改めて発表された形です。報道のとおり、1年遅れの2023年3月開業を目指すとしています。

Large 210126 lrt 01
鬼怒川の東側で工事中の高架橋(2020年11月、中島洋平撮影)。

 現時点で、宇都宮市内は未着手箇所が約2割とのこと。事業用地の引渡しが完了した箇所から順次、工事に着手してきたものの、新型コロナウイルス感染症の影響などで事業用地の取得に時間を要しており、今後1年程度の期間を要すると想定されるそうです。

 また、宇都宮市が計上しているLRTの事業費は、現地の施工条件への対応や社会情勢の変化、安全性・利便性の向上などを見越し、約191億円増の約603億円(税抜き)となる見込みとのこと。なお、これとは別に芳賀町域の事業費もプラス31億円となり、総事業費は684億円となる見込みです。

 車両については、1編成目の納入時期を2020年度末としてきましたが、こちらも2か月程度、遅れる見通しだそうです。新型コロナの影響で、一部の外国製部品の調達が遅れているためだといいます。

 市はこれまで、工事の進捗を折に触れ発信したり、車両の愛称公募などを行ったりして、「2022年3月開業」「2020年度末の車両納入」をPRしてきましたが、大幅な方針転換を余儀なくされた格好です。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 20世紀にはLRTなどは革新系政治家の釣り文句でしたが、今やこれも打出の小槌と思われてるフシがある?もっとも他の公共事業が途中で建設費が膨らんでも検証されることは少ないのかもしれません。中央と地方の債務が千何兆円からさらに増えつつあり、その結果を負うのは私たちです。

  2. 財源は勿論重要な事だが、コロナによる東京から少し離れた都市への脱却が進むコロナ後の交通政策を考えると、宇都宮は見本となりうるので、他地域住民に何言われたようがLRTは何とか成功してもらいたい。