この冬いつものCMがない… 転換点を迎えた「ガーラ湯沢駅」の生い立ちと未来

「ぜんぶ雪のせいだ。」など、印象に残るキャッチフレーズを繰り出してきた「JR SKISKI」のCMが今年はありません。しかしスキー場と最寄りのガーラ湯沢駅は営業中です。開業から30年、コロナ禍も相まってこの地は転換点を迎えています。

「JR SKISKI」キャンペーンの前 初代CMキャラクターは小泉今日子さん

 1990(平成2)年12月20日。JR東日本は上越新幹線の越後湯沢駅(新潟県湯沢町)付近にあった保線基地に旅客駅を新設し、その周辺に大規模なスキー場を開業しました。ガーラ湯沢駅とガーラ湯沢スキー場です。開業にあたりCMが放送されました。メインキャラクターはアイドルの小泉今日子さんです。小泉さんは当時、JR東日本のシリーズCM「もっと^2」に出演しており、ガーラ湯沢の宣伝もそのひとつでした。

Large 210113 galaski 01
上越新幹線を走る、2階建て新幹線のE4系電車(画像:写真AC)。

 さて、JR東日本のスキーのCMといえば「JR SKISKI」です。このキャンペーンは1991(平成3)年冬シーズンから始まりました。近年では2013(平成25)年の「ぜんぶ雪のせいだ。」が大ヒット。そのまま、あるいは「ぜんぶ○○のせいだ。」とネットスラングになるほどでした。事前告知キャンペーンのポスターに、音楽グループ「SEKAI NO OWARI」のピエロ姿で知られるDJ LOVEさんを起用し、キャンペーン開始で川口春奈さんに切り替わるという演出も話題になりました。

 このあとも「JR SKISKI」は新進気鋭の俳優を登場させて話題を集め、CM好感度を高めていきます。しかし今季、2020年シーズンはテレビCMを実施していません。したがってキャンペーンソングもイメージキャラクターも設定されていません。ただし「JR SKISKI」キャンペーンは実施されています。特設サイトが設置されているほか、YouTubeではイメージビデオも公開されています。ガーラ湯沢スキー場もガーラ湯沢駅も営業中です。コロナ禍で影が薄くなっている感は否めませんが、そもそもJR東日本はなぜこの場所に、スキー場と駅を開業したのでしょうか。

【写真】250円で新幹線に! やや入手困難なきっぷ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. ちなみに八幡平のスキー場はケーブルカーやロープウェイなどを手掛ける日本ケーブルが譲渡を受けて、現在ではグループ会社のNCリゾートマネージメントが「アルピナリゾーツ」の中の「八幡平リゾート」として運営しています、念のため(他に越後湯沢駅徒歩8分!の湯沢高原スキー場やびわ湖バレイ、神戸布引ハーブ園など)。

  2. ありがとうございます。今シーズンは、まさにコロナ禍を象徴する結果となりました。緑色のJRは「SKI SKI」を例年通り実施はするものの、俳優やテーマソングの起用やCMナシなどで大幅に縮小規模でありました。更には緊急事態宣言の発令やGOTOキャンペーンの停止も、ちょうど腑の悪いこの時期でありますから尚更であります。仮に宣言終了やGOTO再開の頃には、もうスキーシーズンの末期か終了となりますので非常に残念な結果になります。尚且つ皮肉にも今シーズンは、昨シーズンの雪の量が劇的に少ない状態に比べて、雪質が極めて良い状態でありました。緑色のJRの広告も今シーズンは当キャンペーンの広告はなく、代わりに終電繰り上げ関連や新しい生活スタイル(時差出勤など)関連の広告が中心となっており、例年いつもあるものがないので、雰囲気が大きく変わります。来シーズンは、またいつものように「SKI SKI」の広告が戻ってほしいものであります。

  3. 参考までに。八幡平に関しては大更から東八幡平に行く鉱山鉄道があり、花輪線からの乗り入れだけでなく上野から直通列車「銀嶺八幡平」もありました。