キハ200形、長崎地区から引退 ラストラン列車でイベントも 今後は大分や熊本へ JR九州

行先表示に「ありがとう」演出も。

今後は活躍の場を豊肥本線などへ移す

Large 210301 last 01

拡大画像

快速「シーサイドライナー」として走るキハ220形気動車(画像:写真AC)。

 JR九州の長崎地区(大村線)から2021年3月11日(木)、キハ200形・キハ220形気動車が引退します。この車両は1994(平成6)年に同地区に導入され、大村線のほか長崎本線や佐世保線でも快速「シーサイドライナー」などとして、計12両が運行されてきました。

 ラストラン列車は長崎駅22時04分発の普通 早岐行き。キハ200-1012・12、キハ220-209、キハ220-1101の4両編成で運行されます。車両の色は赤です。行先に「ありがとう」と表示されるほか、車内にはこれまでの感謝を表したポスターが掲示されます。

 また、同日は長崎駅と諫早駅(長崎県諫早市)でオリジナル手旗での見送りが実施されるほか、車掌などによる特別放送も行われます。さらにラストラン列車を見送った人には、「★ありがとうキハ200形・キハ220形オリジナルポストカード」が贈呈されます。

 キハ200形・キハ220形は今後、大分地区、熊本地区、鹿児島地区に転属され、引き続き久大本線や豊肥本線、三角線、指宿枕崎線で運行される予定です。

【了】

【画像】キハ200形 行先表示に「ありがとう」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント