コロナで旅客機トイレに革命! ANAが世界初「肘だけで開けられるドア」実用化 国内線に

新型コロナで「非接触」が各業界のテーマとなるなか、ANAとジャムコが「手を触れずに出られる機内トイレのドア」を共同開発。その搭載1号機となる、ANA国内線用のボーイング787が披露されました。

2020年5月開発

 新型コロナウイルス感染拡大で、「非接触」をテーマにした新たな取り組みが多くの業種で行われているなか、ANA(全日空)と旅客機の内装品などを手掛けるジャムコ(東京都立川市)が「手を触れずに出られる機内トイレのドア」を共同開発しました。ANA国内線の旅客機で、そのドアが世界の航空会社で初めて搭載されます。

Large r2101428 toilet 01

拡大画像

ANA国内線機材に導入された「手を触れずに出られる機内トイレのドア」(2021年4月28日、乗りものニュース編集部撮影)。

 2021年4月28日(水)、羽田空港内のANA格納庫で搭載1号機(ボーイング787-8。機番:JA817A)のトイレが報道陣に公開されました。

 これまで化粧室のドアは、手でロックを解除し、ドアを開けるものが一般的でしたが、今回2社が導入したのは、肘などを引っ掛ける形でドアロックを解除し、ドアを開けることができるタイプのものです。

 外観はほとんどこれまでの化粧室ドアと同様に見えますが、その内側についているドアは、ロックのノブが大型のものに変更され、引き手部分にハンドルを追加。これらに肘や手首などを引っ掛け、ドアを開けることができます。内側部分をおもに改修点としたのは、「お客様が用を足し、手を洗ってからのことを考えた」(ANA)ものだそうです。

【写真】ANAの「手要らずトイレ扉」をサッと見る。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント