JR常磐線初のホームドア、馬橋駅に設置 稼働は約1か月後 軽量化されたスマート型

工事は新松戸方面ホームからです。

ドアは従来型よりも約150kg軽い

Large 210603 jrdoor 01

拡大画像

JR常磐線の各駅停車で使われるE233系電車(画像:写真AC)。

 JR常磐線の各駅停車 馬橋駅(千葉県松戸市)に2021年6月6日(日)と翌7日(月)、ホームドアが設置されます。

 設置されるのは、従来タイプに比べ内部構造を簡素化した「スマートホームドア」。高さは1m20cm、重さは約200kgです。従来の約350kgに比べ軽量化が図られています。なお、同線にホームドアが設置されるのは初めて。2番線ホーム(新松戸方面)、1番線ホーム(北千住方面)の順です。

 稼働開始は7月4日(日)の初電から。工事中の約1か月間は、ドアが開いた状態になります。

【了】

【写真】設置される「スマートホームドア」とは

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 常磐線なんて田舎路線に投資なんかしなくていいのにw

    • セレブは電車乗らないからそもそもお客じゃないですもんね。