新宿発の激レア最長路線バス・よみうりランド行きに乗る みな遊園地へ? 運転士の粋な計らい

終点「よみうりランド」 運転士の粋なアナウンスとは

 再び旧甲州街道に入って商店街を抜け、9時53分、33分ぶりに自動アナウンス「大変おまたせしました。次は調布、調布でございます」が流れます。運転士も「調布です、ご利用ありませんかー」と声をかけるものの、乗降は皆無のまま通過。左に折れ、今度は鶴川街道を走り始め、停留所の案内が細かく入ります。多摩川原橋で多摩川を渡り、JR南武線の高架線をくぐった先、矢野口駅東から中学生くらいの4人組が乗車しました。「年間5往復のレア路線」と知ってか知らずか、どちらでしょうか。

Large 210630 yomilan 02

拡大画像

終点「よみうりランド」到着前のバス車内(2021年6月27日、蜂谷あす美撮影)。

 初めて降車ボタンが光ったのは10時6分のこと。「京王よみうりランド駅」で3人が下車し、「終点まで行かない人もいるんだ!」と謎の知見を得ました。

 ここからバスは山を登り始め、東京と神奈川都県境を跨ぎ、川崎市へ。そして10時12分、終点のよみうりランドに到着。これにてバス旅が終わりました。最後に運転士が粋なアナウンスをします。

「よみうりランド行き、今年最後の運行となります。待機中もよみうりランド行きの幕にしておきますので写真撮られる方はどうぞ」

 再び大撮影大会が行われました。

 10時40分、「新宿駅西口」を表示して復路を走り始めたバスを見送ります。乗客はやはり30名ほど。往復で利用する人も多く、あたりは急に静かになりました。なお、よみうりランドの正面入園口「スカイゲート」がすぐそこに位置していたものの、入園した人はいなかったように見受けます。

 ちなみに、新宿~よみうりランド間の運行距離は約20km。毎日1往復運行される新宿~武蔵境間の小田急バス「宿44」系統をしのぐ、同社で最長の一般路線です。

【了】

【笹塚〜調布ノンストップ!】運行ルート地図ほか写真20枚

Writer: 蜂谷あす美(旅の文筆家)

1988年、福井県出身。慶應義塾大学商学部卒業。出版社勤務を経て現在に至る。2015年1月にJR全線完乗。鉄道と旅と牛乳を中心とした随筆、紀行文で活躍。神奈川県在住。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. なぜ6月だけなのですか?

  2. 新宿~よみうりランドが直通で220円、よみうりランドの行楽客に明らかに需要がありそうな路線なのになぜ6月の日曜日だけなのか(以前はもっと運行日数があった)
    行楽客の需要がついても低運賃で儲からなく困るかのような運行。
    メディアなら単なる乗車記だけでなくバス会社やランド側へのインタビューなどもっと突っ込んで欲しい

  3. 免許維持路線なんだろうけど何故6月なのかが知りたかったな