ポーランド なぜいま「エイブラムス」? 米最新戦車を大量購入 考えうるふたつの事情

ポーランドがアメリカ製戦車「エイブラムス」最新型を大量購入すると発表しました。同国はドイツ製「レオパルド2」戦車のほか、旧ソ連製T-72戦車も運用中です。兵站の不利を差し置いたこの決断、背景にどんな事情があるのでしょうか。

ポーランド 現「世界最強戦車」を大量取得へ

 ポーランドのヤロスワフ・カジンスキ副首相は2021年7月14日、ワルシャワ近郊の第1機甲旅団「ワルシャワ」が駐屯するウェソワを訪問した際、「非常に良いニュースをお知らせします。早ければ来年には現在世界で最も近代的な『エイブラムス』戦車を大量に導入します……少なくとも4つの戦車大隊を編成するのに十分な数になります」とスピーチしました。M1A2「エイブラムス」戦車の最新バージョンであるSEPv3(システム拡張型バージョン3)を250両、購入することを発表したのです。

Large 210719 pol 01

拡大画像

ポーランドで行われたNATOの演習「ディフェンダーヨーロッパ」に参加したアメリカ軍のM1A2SEPv3「エイブラムス」戦車(画像:アメリカ陸軍)。

「M1A2SEPv3」は、2015(平成27)年10月にメーカーのゼネラルダイナミクイスが公開したM1A2の最新バージョンです。主に防御力を強化して生存性を高め、デジタル機器がアップデートされたほか、外見上、遠隔操作式銃塔(リモートウエポンステーション)が追加されているのが特徴です。アメリカ陸軍でも2020年7月から配備が始まったばかりです。

 ポーランドのマリウシュ・ブワシュチャク国防相は、M1A2 SEPv3戦車について「最高の装備で利用可能な戦車、戦闘実績のある戦車、最新のロシアのT-14『アルマータ』戦車に対抗するために作られた戦車」と述べました。このスピーチは、ポーランドの安全保障環境を物語ります。

Large 210719 pol 02.

拡大画像

ポーランド陸軍で数的に主力となっているT-72の近代化改修型M1(画像:ポーランド国防省)。

 ポーランドは第2次世界大戦後、ソ連を中心とする東側陣営のワルシャワ条約機構に属して、アメリカを中心とする西側陣営のNATO(北大西洋条約機構)と対峙していました。しかし1991(平成3)年7月にワルシャワ条約機構は解散、その年の12月にはソ連が崩壊します。ポーランドはその後、1999(平成11)年にかつて対峙していたNATOへ加盟し、今度は対ロシアの最前線となりました。

【写真】ポーランドのお国事情を象徴するような東西戦車の共演 ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ポーランド侵攻に備えてのことだろう、きっと