露骨すぎない!? ロシア新戦闘機のプロモ動画で名指しされた国とは 各国が抱える事情

ロシアの国営メーカーが新型軽戦闘機「LTSチェックメイト」を発表しました。そのプロモーション動画は、「売り込み先」が清々しいほどよくわかるものです。新型戦闘機の性能と、それを欲する国々の事情を探ります。

スホーイの新ステルス戦闘機「チェックメイト」

 2021年7月20日(火)、ロシアの国営航空機メーカーユナイテッド・エアクラフト・コーポレーション(UAC/統一航空機製造)が、国際航空宇宙総合イベント「MAKS2021」(7月21~25日、モスクワ・ジューコフスキーラメンスコエ空港にて)、新型軽戦闘機「LTSチェックメイト」を発表しました。

 UACの傘下企業のひとつであるスホーイが開発を担当している「LTSチェックメイト」は、高いステルス性能を備えた単発戦闘機です。ロシア国防省系メディアのズヴェズダはUACのユーリ・スリウサール氏の話として、「軽量な機体に強力なエンジンを組み合わせたことにより、兵装搭載量は同じ単発戦闘機であるF-16と同程度の7tに達し、STOL(短距離離着陸)性能を持つ戦闘機」であると報じています。

Large 210723 checkmate 01

拡大画像

発表された「LTSチェックメイト」(UACの動画より)。

 UACの親会社であるロシア国営コングロマリットのロステックは、「LTSチェックメイト」発表1週間前の7月13日(火)に同機のプロモーション動画を発表していますが、この動画から、同機の今後のセールスを占うことができます。というのも、ロステックがどこに「LTSチェックメイト」を売りたいと考えているのか、あまりにもわかりやすい内容だからです。

 動画は、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイ、インドのデリー、ベトナムのハノイ、アルゼンチンのアンデス山脈地帯から、新型戦闘機が発表されることを知ったそれぞれの国の空軍パイロットがロシアへ駆けつけ、その機体の前に集結するというものです。このストレートさに筆者(竹内 修:軍事ジャーナリスト)は、ある種の好感を覚えてしまいました。

【上からのアングル】ロシア新戦闘機「チェックメイト」全貌

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ほんとに程度が低い見出しだし、こんなのがラインニュースに出てくるのは気分が悪い。

    • YouTubeでもインチキサムネが結構あってだまされてます…