やっぱり新型「フェアレディZ」はパトカーになる? 警察車両として輝かしい実績、その可能性と意義

「NISMO」と標準の2種類が存在 警視庁のZ34パトカー

 栃木県警への配備から8年後、2016(平成28)年にフェアレディZパトカーが配備されたのが、警視庁です。従来のマツダ「RX-8」パトカーの更新用として都費により導入されたもので、当初はタイプ「NISMO」3台でしたが、翌2017(平成29)年に標準仕様で1台追加配備され、2021年現在、4台が在籍しています。

Large 210818 z 03

拡大画像

北米で世界初公開された新型「フェアレディZ」(画像:日産)。

 先行して配備された3台は、前述のとおり「NISMO」というバージョンアップモデルのため、フロントバンパーの形状が異なるほか、リアスポイラーを装着しています。また前後のバンパーに「NISMO」のエンブレムが付いているのが外観上のポイントです。

 対して2017年に1台だけ入った標準仕様は、一見すると「NISMO」仕様の3台とあまり変わらないものの、屋根上の散光式赤色灯がオールLEDの薄型タイプであり、かつ「NISMO」エンブレムがありません。

 警視庁のフェアレディZパトカーの配備先は、高速隊と一般道を取り締まる交通機動隊の2隊で、分散して運用されているようです。

 このように、フェアレディZは警察車両として屈指の採用実績を持っています。

 とはいえ現場での使い勝手などを考えると、実際には4ドアセダンベースのパトカーの方がベターのようです。スポーツクーペが持つ加速性や高速性能なども、それが必要とされる場面は限られるでしょう。

 しかし交通違反の抑止効果や、リクルートを含めた広報活動などではスポーツクーペのパトカーに優位性があるのも確かです。

 なお、そういったメリットを持つモデルならば、市民からの寄贈でパトカーになる例も見受けられます。たとえば、2020年9月18日には栃木県警に対して、県民からレクサス「LC500」をベースにしたパトカーが寄贈されています。

 国家予算による大量調達でなくとも、都道府県予算による少数調達、メーカーの寄贈、市民の寄贈、様々な形でパトカーになる可能性はあります。そう考えると、新型フェアレディZのパトカーも、もしかしたら近い将来、誕生する可能性はなくはないといえるでしょう。

【了】

★★初代含め「フェアレディZ」パトカーを写真でたっぷり★★

Writer: 柘植優介(乗りものライター)

子供のころから乗り物全般が好きで、車やバイクはもちろんのこと、鉄道や船、飛行機、はたまたロケットにいたるまですべてを愛す。とうぜんミリタリーも大好き。一時は自転車やランニングシューズにもはまっていた。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント