「超普通」運行 井川線全駅に5分以上停車 車両基地見学も 大井川鐵道1泊2日のツアー

下車見学が難しい秘境駅も制覇可能!

初日はホテルまで自由行動

Large 210910 eiden 01

拡大画像

DD20形ディーゼル機関車(画像:大井川鐵道)。

 日本旅行が2021年10月23日(土)から翌24日(日)にかけて、1泊2日のツアー「“超”普通列車で行く大井川鐵道井川線全駅制覇と基地見学の旅」を開催します。井川線の全駅に5分以上停車する「超普通」を運行するほか、車両基地の見学も行われます。

 1日目は午前8時半から17時までに、新金谷駅(静岡県島田市)で2日間有効のフリーきっぷを受け取る必要があります。団体行動はなく、夕食までに宿泊場所である川根温泉ホテルに向かいます。

 2日目は午前6時半にホテルを出発。最寄駅から普通列車で千頭駅(同・川根本町)に向かいます。午前7時45分発の団体列車「超普通」で、アプト式勾配区間も含め千頭~井川間の全線を走破します。井川駅(静岡市葵区)到着は午前10時24分です。

 その後は引き返しつつ、市代検車庫と両国車両区を見学。千頭駅には15時24分に戻り、解散です。

 旅行代金は1人あたり、大人3万4000円、子ども2万8000円から(和室4人1室利用)。フリーきっぷ代が含まれます。最少催行人数は50人です。発売は2021年9月14日(火)15時から、日本旅行 大阪法人営業統括部のウェブサイトなどで開始されます。

 なお新型コロナウイルス感染防止策として、参加にあたり健康申告書の提出や、検温、消毒が適宜行われます。

【了】

見学できる検車庫と車両区

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント