岐阜基地にしかないF-2「青いプロトタイプ」の正体とは 派手でも迷彩でもないワケ

日米共同開発の末に生まれた航空自衛隊のF-2戦闘機。90機あまり生産されたなかで、岐阜基地にしか配備されていない試作機を取材してきました。一見、量産機と変わらない機体ですが、唯一無二の特徴が隠されていました。

日本唯一の部隊が持つオンリーワンの機体

 日本のほぼ中央、岐阜県にある航空自衛隊岐阜基地(各務原市)には飛行開発実験団と呼ばれる部隊が所在します。この部隊は航空開発実験集団隷下の飛行部隊で、航空機やミサイルなど航空装備品に対する試験などを実施する航空自衛隊唯一の部隊であるため、ほかの部隊では見られないような装備や機体を数多く保有しています。

 そのような珍しい装備のなかでも、岐阜基地でしか見られない機体ということで今回、F-2の試作機を見てきました。

Large 210805 f2 01

拡大画像

航空自衛隊岐阜基地の飛行開発実験団が運用するF-2の102号機(2021年4月、柘植優介撮影)。

 取材したのは、F-2の102号機、いわゆる試作4号機です。F-2は、アメリカ製のF-16「ファイティングファルコン」戦闘機をベースに、日本独自の運用構想や地理的特性を盛り込み、日米で共同開発した戦闘機です。

 ぱっと見、F-16によく似た外観であるものの、主翼形状や機体の長さなど様々な部分で再設計されているため、F-16から9割以上が変更されているといわれています。そのため、F-16が原型とはいいつつも事実上の新型機といえるもので、ゆえに試作機も4機作られ、一から様々な試験が行われたのです。

 試作4号機である102号機は、F-2試作機のなかで末弟にあたる機体といえます。他の試作機3機が赤やオレンジなど派手な塗装が施されているのに対し、上面が青、下面が白という、一見すると量産機と見紛うようなカラーリングが施されています。

 しかし、この塗装にも意味があるようです。

【唯一!】F-2の試作4号機でしか見られない機外カメラ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 他の戦闘機とのステルス塗装の差を調査中では?
    それとも単なる撮影機かな

  2. いつも興味深い記事をありがとうございます。
    本文、2ページ4行目のASM-1は"空"対艦ミサイルではないでしょうか?