空を飛び、海を泳ぎ、陸を走る! 空母にも発着可能な万能飛行機 グラマンJ2F「ダック」

海面や湖面など水上でも発着できる性能を持つ飛行機、それが水上機や飛行艇です。水上発着のため大きなフロートを備えていますが、なかには車輪だけでなく着艦フックまで備えて空母の狭い飛行甲板で発着できたものもありました。

降りる場所を選ばない傑作飛行艇の誕生

 アメリカの「グラマン」といえば、今でこそノースロップと合併してノースロップ・グラマン社になっているものの、ひと昔前までは航空アクション映画の傑作『トップガン』において主演トム・クルーズの愛機を務めたF-14「トムキャット」戦闘機を始めとして、数々の有名な軍用機を世に送り出した名門メーカーです。

 グラマンは特に空母に搭載する艦上機や水上機、飛行艇といった海軍機に長けたメーカーでしたが、同社が第2次世界大戦前の1930年代半ばに開発した機体のなかに、まるでボートと飛行機が一体化したような、普通の水上機とは異なる一風変わった形状のものがありました。

Large 211004 f2j 01

拡大画像

第2次世界大戦中の1943年12月、飛行するグラマンJ2F「ダック」(画像:アメリカ海軍)。

「JF」と呼ばれたこの機体は、エンジン1基の単発機で、当時すでに旧式となりつつあった主翼を上下に2枚備えた複葉形状に、胴体と一体化した大型の主フロート(浮舟)に引込脚を備えた構造を採っていました。

 胴体と主フロートが一体になった特異な構造を採用した理由は、こうすることで胴体と主フロートをつないだ部分に空間をつくり、そのスペースに乗客や担架を乗せられるようにしたからです。これにより、JFシリーズは小型の単発複葉機ながら、乗員2名のほかに、乗客2名か担架2床(J2Fの場合)を搭載できました。

【ユーモラスな姿】J2F「ダック」を様々なアングルから

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 良い記事ですね。飛行機好きですが、この機種については知りませんでした。日本語記事で他に詳しいものも見当たりませんし、興味深かったです。戦史などにもあまり登場しないと思いますが、面白い飛行機だと思いました。