首都圏JRに続々ホームドア 大久保駅などは「スマートホームドア」も 使用開始日決定

常磐、中央・総武、京浜東北線に導入。

従来型に比べ150kg軽い「スマートホームドア」

Large 211116 jrdoor 01
中央・総武線各駅停車を走るE231系500番台(画像:pixta)。

 JR東日本の東京支社が、常磐線(各駅停車)、中央・総武線(各駅停車)、京浜東北線の各駅でのホームドア使用開始について、その年月などを発表しました。詳細は次の通りです。

・柏駅1・2番線 2021年12月9日(木)「従来型」
・新松戸駅1・2番線 2021年12月19日(日)「従来型」
・北柏駅1・2番線 2022年2月上旬「スマートホームドア」

・大久保駅1・2番線 2021年11月21日(日)「スマートホームドア」
・水道橋駅1番線 2022年2月中旬「従来型」
・水道橋駅2番線 2022年3月中旬「従来型」

・田端駅1・4番線 2022年3月上旬「従来型」

 北柏と大久保の各駅では、従来タイプに比べ内部構造を簡素化した「スマートホームドア」が設置されます。高さは1m20cm、重さは約200kgです。従来の約350kgに比べ軽量化が図られています。

 JR東日本は「新たな技術を積極的に活用し、ホームドアの整備を推進しています」としています。

【了】

【写真】「スマートホームドア」越しの常磐線電車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント