なぜエアバスを? JALで増える”たぬき君”「A350」の2年 10機体制になった初づくし機

JALで10機目が就航した国内線次世代フラッグシップ機「エアバスA350-900」。もう珍しくはなくなっているこの機体ですが、実はJALにとっては初めてと異例がたくさんの旅客機でした。どのような機体なのでしょうか。

2019年9月就航開始

 2021年8月24日(火)の午前9時頃、JAL(日本航空)の那覇行き、JL907便が羽田空港を出発。この便は、20日(金)にフランスから日本に到着したばかりの、エアバスA350-900「JA10XJ」の投入初便となりました。

 機番の「10XJ」が示すとおり、この機はJALに導入された10機目のA350-900となります。初号機の就航開始(2021年9月)から約2年、このA350-900とはどのような旅客機なのでしょうか。

Large 01

拡大画像

JALのエアバスA350-900「JA10XJ」(画像:JAL)。

 A350-900は、ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社が手掛ける最新旅客機です。その全長66.8m、全幅64.75m。2021年現在のJALグループのなかでは、ボーイング777-300に次ぐ大きさを持つ旅客機です。JAL仕様機の標準席数は369。これは現在運航中のJAL機のなかでは、もっとも多くの旅客を運ぶことができます。

 外観上の特徴は、コックピットの窓が黒く囲まれていることと、曲線状に上に反り返る「ウイングレット」です。JALによると窓の黒塗りは「プロ野球選手がデーゲームの際に目の下を黒く塗っているのと同じ理由で、まぶしさを軽減させるため」としており、SNS上では「たぬき君」と呼ばれることも珍しくありません。

 実はこのA350-900、JALの歴史においても大きな転換点となった旅客機でもあります。エアバス社といえばアメリカのボーイング社と並ぶ世界の超巨大航空機メーカーですが、JALが同社から旅客機を新造導入したのは、このモデルが初めてです。

【写真特集】さささっと見るJAL「A350」機内や特別塗装などなど(24枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント