「2022年注目の竣工船」 電動、LNG、風力に超巨大作業船まで 海からエネルギー革命!

ゼロエミッションに向け、動力のエネルギー革命が進む船。2022年は電動船からLNG、果ては風力まで、様々な新エネルギー船が続々と竣工します。

2022年は新エネ船のオンパレード

 地球温暖化や気候変動への対策が叫ばれる中、2022年はGHG(温室効果ガス)を排出しないゼロエミッション電気推進(EV)船や、LNG(液化天然ガス)燃料フェリーなど、環境に配慮した船が日本でも続々と竣工します。2022年に登場する注目の船を紹介します。

次世代内航EVタンカー「あさひ」(2022年3月竣工、4月就航)

Large 220105 newship 01

拡大画像

「あさひ」進水式の様子(画像:旭タンカー)。

「あさひ」は旭タンカーが2020年10月に発注した499総トン型EVタンカーの1番船です。

 容量3480kWhの大容量リチウムイオン電池を動力源とする世界初のピュアバッテリータンカーで、仕様はe5ラボ(東京都千代田区)が企画・デザインした「e5タンカー」を採用しました。GHGを排出しないゼロエミッション運航を実現するとともに、主機の内燃機を電化することにより、エンジンメンテナンスの手間を削減するだけでなく、振動・騒音がゼロとなることで船内の労働環境も従来型船より改善します。

 同船は建造ヤードの興亜産業(香川県丸亀市)で2021年12月に進水しており、2022年4月に舶用燃料供給船として東京湾内に就航します。バッテリーへの給電設備は夜光係留桟橋(川崎市川崎区)付近に設置。自然災害発生時には船内の大容量バッテリーに貯めた電気を非常用として陸上で活用することで、地域のBCP(事業継続計画)やLCP(生活継続計画)の貢献につながる新たな役割を担っていきます。

 なお2番船は井村造船(徳島県小松島市)で建造され、2023年3月の竣工予定です。

【巨大貨物船を「帆」で動かす!】2022年登場の新エネ船&巨大作業船 画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント