「日本一長い踏切」は多摩地区にあった 長すぎて途中には小休止用の“小島”も

2009年5月末まで、「日本一長い」とされる踏切が拝島駅の東側にありました。JR青梅線や西武拝島線のほか、横田基地へ向かう線路も跨ぐため長さは約130m。ただ安全確保のため自由通路が設置されても、踏切を利用する人が多くいました。

3路線+αを跨ぐ踏切 総延長は128m

「日本一距離が長い踏切」はどこにあるでしょうか。幹線のほか複数の路線が並行して走る、例えばJR東海道本線や山陽本線などの踏切が想起されるかもしれません。

 ところが2009(平成21)年5月末まで、「日本一距離が長い」とされた踏切は東京の多摩地域にありました。拝島駅(昭島市)の東側にあった「市道北143号踏切」です。意外かもしれませんが、なぜ距離が長かったのか、そのワケを振り返ってみます。

Large 211222 fkcym 01

拡大画像

「日本一長い踏切」こと市道北143号踏切を北側から見た風景。西武鉄道の黄色い電車が行き来する(2009年4月、小川裕夫撮影)。

 拝島駅はJR青梅線・五日市線・八高線のほか、西武拝島線が乗り入れるターミナル駅です。脇にあった踏切はこのうち、青梅線、八高線、拝島線と、在日米軍横田基地へ向かう線路を跨ぎます。いくつかの引込線もあるため、路線の数以上に線路がありました。また、JRと西武鉄道の線路が離れている地理的な要因もあって、踏切道の長さは約128m。そのため、「日本一長い踏切」とも呼ばれていたのです。

 これだけ長いと、当然ながら高齢者や子供連れなどが1回で踏切を渡りきるのは難しいでしょう。そのため、JRと西武鉄道の線路の間には、小休止できるようなスペースが設けられていました。落ち着いて、何回かに分けて渡ることが推奨されていたのです。

 ただ、待避スペースがあっても、警報音が鳴り始めると慌てて渡ろうとするのが人間の心理です。そのため、危険な事故はしばしば起き、事故防止の観点から拝島駅構内に自由通路を設けることになりました。

【想像以上!】「日本一長かった踏切」の全景 写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 友部と内原の間は上下線それぞれに遮断桿があるから違いますかね…