仕事は「敵になること」陸自のオニ集団「評価支援隊」さらに強化中 今後は野戦砲も?

陸上自衛隊には、あえて「敵役」となる専門部隊があります。スキルアップのために全国から来る部隊をコテンパンにいなす彼らは、外観から異なるそう。いったいどんな集団なのでしょうか。

富士山ろくがホームグラウンドの玄人集団

 自衛隊には、訓練に際して敵役を務める「アグレッサー」という専門部隊が編成されています。比較的知られているのは、航空自衛隊の飛行教導群ですが、実は陸上自衛隊にもアグレッサーとして「評価支援隊」なる部隊が存在します。

 航空自衛隊の飛行教導群は敵役として遠方からでも識別できるように特徴的なカラーリングが施されたF-15J戦闘機を運用していますが、陸上自衛隊の評価支援隊も所属隊員は一風変わった迷彩服を着用し、装備車両には一般部隊とは異なる迷彩パターンを施しています。このような特徴ある陸自版アグレッサー、評価支援隊とはどんな部隊なのでしょうか。

Large 220126 ftc 01

拡大画像

砲塔正面や車体に黒色が追加された評価支援隊戦車中隊の90式戦車。この迷彩の90式戦車は全国で10両もないレアな車両(武若雅哉撮影)。

 評価支援隊が主に用いる演習場は富士山の麓、山梨県南部にある北富士演習場です。ここの一角には「富士トレーニングセンター(通称FTC)」というのが設けられており、ここで全国から派遣された陸上自衛隊の各部隊が実戦的な対抗演習を行っています。

 評価支援隊は、このFTCで対抗部隊、つまり敵役を務めています。上級部隊は山梨県忍野村の北富士駐屯地に所在する「部隊訓練評価隊」です。FTCを管理・運用し、実戦に則した訓練を施す部隊として2000(平成12)年3月に創設されました。

 この部隊訓練評価隊の発足から2年後の、2002(平成14)年3月に評価支援隊は誕生しています。ただ、駐屯地の規模や車両整備の利便性などから、評価支援隊は上級部隊の部隊訓練評価隊とは別居する形で、富士山の反対側にあたる静岡県御殿場市の滝ヶ原駐屯地に所在しています。

【写真】今はなき評価支援隊の74式戦車ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 陸自のエリート中のエリート部隊か