証明書付き キハ66・67形の部品とJR大村線のレールをセット販売 先着順で

レールは製造年の刻印が見えるそうな!

セット数は計200弱

Large 220225 kybs 01

拡大画像

キハ66・67形ディーゼルカー(2019年2月、恵 知仁撮影)。

 JR九州商事が2022年3月2日(水)と6日(日)、キハ66・67形ディーゼルカーの部品と、同車が走った大村線のレールをセットにして販売します。

 キハ66・67形は1975(昭和50)年3月に製造。筑豊エリアで使われたのち、2001(平成13)年に長崎エリアへ転属し、大村線では快速「シーサイドライナー」などとして走りました。しかし2021年6月、新型ハイブリッド気動車「YC1系」の導入に伴い引退しています。

 このたび販売されるセットは以下の2種類です。

○「九州の路線 レールシリーズ00 大村線」キハ66.67形ラストラン記念特別版 大村線のレール10mmと席番のセット(専用ケース付)
・価格:2万2000円(税込)から
・セット数:189セット
・内容:車内の席番と、厚さ10mmにカットした1969年製の40Nレール

○キハ66.67形ラストラン記念特別商品 大村線のレール430mmと席番のセット
・価格:3万9600円(税込)
・セット数:10セット
・内容:車内の席番と、厚さ430mmにカットした1969年製の40Nレール

 商品はいずれも、キハ66・67形で使用された部品であることを示す証明書が添付されるほか、レールには防錆コーティングが施されます。購入はJR九州商事のオンラインショップで行います。どちらも1人1セットまでで先着順です。

【了】

【画像】販売される部品とレールのセットを見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 40Nレールは数が少ないしそれだけのために専用のスペアの継ぎ目板を保管しておかなければならないから整理したいのかも。