11万円で列車を貸し切れます! 無塗装の伊豆急8000系、自由にラッピング等OK

15組限定です。

去年に続き再度企画

Large 220303 randsl 01
無ラッピングの伊豆急8000系電車(画像:伊豆急行)。

 伊豆急行が2022年5月9日(月)から7月31日(日)まで、8000系電車を使った貸切団体列車を運行します。これは昨年、伊豆急行線開業60周年事業の一環で実施した列車貸切を、15組限定で再度募集するもの。料金は11万円(税込み)です。

 募集期間は3月7日(月)から6月30日(木)まで。車両は無ラッピングのTA-7編成またはTB-7編成を含む3両編成です。運行時刻や区間、ラッピング、撮影会などのプランは自由に企画できます。

 最低保証人員は100人で、それ以上となる場合は1人につき1100円かかります。貸切料金には、伊豆高原~伊豆急下田間の往復運賃のほか立会費や諸経費が含まれますが、撮影会などを実施する場合は別途料金が必要です。

 なお15組以上の応募があった場合は、募集期間に関わらず20~25組を目途に受付を終了し、抽選で当選者が決定されます。伊豆急行は「期間限定の大変お得な企画でございますので、個人のお客様も法人のお客様もお気軽にお申込みください」としています。

【了】

【画像】決定した伊豆急3000系(元JR209系)のデザイン

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 本線運転に耐えるラッピングとなるとそちらの費用もそれなりに覚悟しなければなりませんね