北千住~草加の普通列車「今夜運休」 竹ノ塚で高架化工事 東武は「撮影禁止」呼びかけ

あの大踏切も解消されます。

振替輸送を実施

Large 220311 tokyo 01
東武スカイツリーラインで使われる50050型電車(画像:東武鉄道)。

 東武スカイツリーラインは本日2022年3月19日(土)の夜、北千住~草加間で運休します。

 これは、竹ノ塚駅(東京都足立区)の高架切り替え工事に伴うもの。22時40分から、上記区間の普通列車と東京メトロ日比谷線直通列車が運休します。なお急行線はすでに高架化されていることから、急行・準急・区間急行・区間準急の各列車は通常どおり運転されます。普通列車の終電時刻は以下の通りです。

・下り:北越谷行き 北千住22:40→草加22:57
・上り:中目黒行き 草加22:43→北千住22:59

 振替輸送は、東京メトロ千代田線(西日暮里~綾瀬)、つくばエクスプレス(北千住~八潮)、日暮里・舎人ライナー全線のほか、付近を通るバスでも実施されます。

 線路が高架化されると、開かずの踏切として地域の懸案だった駅南側の大踏切(伊勢崎線第37号踏切)も解消されます。

 なお一連の工事について、東武鉄道は地元の5警察署とともに、その作業の様子や代行バスなどを「撮影しないよう」呼びかけています。理由として「駅ホーム・構内、バスルート上の安全確保、また、お客様や住民の方々への深夜時間帯のご配慮の為」としています。

【了】

【図】高架になる緩行線【写真】新しい竹ノ塚駅

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 重箱の隅をつついて恐縮ですが、何故50050型の写真なのかなと。
    半直用=今回切り替わる緩行線ではお目にかからない車両なんですが。。。