開通日が決定 日本初、新幹線と道路の併用橋「新九頭竜橋」 なぜ一体構造に?

工事も大詰めです!

4車線道路と一体構造

Large 220511 santet 01

拡大画像

新九頭竜橋の完成イメージ(画像:福井県)。

 日本初、新幹線と道路の併用橋である「新九頭竜橋」が、2022年10月22日(土)に開通します。

 新九頭竜橋は、福井駅から約4km北側に位置。建設が進む北陸新幹線と4車線道路が一体となったつくりです。九頭竜川を渡り、長さは約415mあります。

 この橋が一体構造になったのは、コスト削減や工期短縮のほか、河川管理者(一級河川では国土交通省)の許認可を得られやすいという背景もあります。別々の橋を近接して架けることは「橋脚が密集し、洪水時や周囲環境に悪影響がある」などの理由で、河川占用などの手続きで障壁となることがあるのです。

 すでに架橋工事はほぼ完成。翌2024年春には、ここを新幹線が走行する姿が見られるでしょう。

【了】

【現地写真】新幹線×4車線道路「新九頭竜橋」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント