京王8000系 デビュー30周年で記念乗車券発売 ヘッドマーク付列車の運行や撮影会も

ヘッドマークは1編成のみ取り付けます。

記念乗車券は4000部限定

 京王電鉄は、京王線を走る8000系電車がデビュー30周年を迎えたことを記念して、2022年5月28日(土)から「8000系デビュー30周年記念乗車券」を発売します。

Large 220518 keio 01

拡大画像

京王電鉄8000系。右は高尾山の自然をイメージして緑のラッピングを施した8000系(画像:京王電鉄)。

「8000系デビュー30周年記念乗車券」は、8000系デビュー当時の写真のしおりと京王線・井の頭線一日乗車券、高幡不動発小児100円区間乗車券の短冊形軟券乗車券がセットになったもので、価格は1セット1000円(税込)です。

 先行販売は5月28日(土)の午前9時15分から15時まで、京王れーるランド前の特設会場で行います。発売部数は500部で、なくなり次第終了です。

 5月29日(日)は、新宿駅、明大前駅、千歳烏山駅、調布駅、京王多摩センター駅、高幡不動駅の各駅窓口で始発から合計2500部を発売。同日の午前9時からは山口証券印刷専用サイト「きっぷと鉄こもの」で1000部をネット販売します。

 ヘッドマーク付き列車は、6月6日(月)から9月15日(木)まで運行予定です。8000系1編成(10両)を使用し、京王線全線で運行します。

 6月5日(日)には若葉台車両基地でイベントを行います。

 8000系3編成を並べて新規作製したデビュー30周年記念ヘッドマークや、往年のヘッドマーク数種類を付け替えて、車両正面側から並んだ状態で撮影することができるのもので、13時から、14時から、15時からの3回行います。撮影時間は約50分で、各回定員は80人です。

 対象は中学生以上で、参加費は1人4000円。デジタルチケット「パスマーケット」で事前予約し、当日現地で現金払いとなります。「パスマーケット」での受付開始は5月23日(月)の19時からで、1予約で2名までとなります。

 京王れーるランドのミュージアムショップでは、5月28日(土)の午前9時30分から「8000系デビュー30周年記念オリジナルグッズ」を販売します。

 オリジナルグッズは、キーホルダー(3種/各660円)、Tシャツ(水色・黒色・灰色3種/各2200円)、ミニヘッドマーク(2種/各2200円)で、Tシャツは水色のみ120cmのみ。黒色と灰色はM、Lサイズ。ミニヘッドマークは1人各1点までの購入です。

【了】

【画像】記念乗車券とヘッドマークのイメージとオリジナルグッズをサッと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント