“空飛ぶホワイトハウス”もうすぐ交代 米大統領専用機「エアフォースワン」3年ぶり来日

東京に日米豪印4か国の首脳が集まります。アメリカ大統領が乗ってくるのは「空飛ぶホワイトハウス」の異名を持つ大統領専用機VC-25。通称「エアフォースワン」の名で知られる同機は、一体どんな性能を有しているのでしょう。

30年選手の現行「エアフォースワン」

 2022年5月24日から行われる日米豪印4か国(クアッド)首脳会議。羽田空港やアメリカ空軍横田基地には、22日ごろから普段は見ることのできない特別機が飛んでくると予想されます。

 バイデン大統領の来日に伴って運航される米大統領専用機「エアフォースワン」が日本に飛来するのは実に3年ぶり。さらにインドのモディ首相を乗せた「エアインディアワン」として、インド空軍が新たに導入したボーイング777-300ERも初めて飛来する可能性があります。

Large 220518 vc25 01

拡大画像

「エアフォースワン」の通称で知られるアメリカ大統領専用機VC-25(画像:アメリカ空軍)。

 特に「エアフォースワン」は、ボーイング747-200Bをベースにした現行の機体「VC-25A」から、2025年までにボーイング747-8をベースにした新型機「VC-25B」へ置き換えることが決まっているため、いつまで現役で飛び続けるか、ますます目が離せない存在になりつつあります。

 そもそも「エアフォースワン」とはコールサインであり、型式名は前出のとおりVC-25Aです。同機は、冷戦期のアメリカ外交を支えたVC-137C(ボーイング707ベース)の代替として、1990(平成2)年9月にデビューしました。

 機体はテールナンバー「28000」と「29000」の2機あり、メリーランド州のアンドルーズ空軍基地に拠点を置く第89空輸航空団の大統領空輸群が運用・整備を行っています。外遊時には本務機と予備機の2機で目的地の空港に移動することもあれば、大統領を乗せた本務機だけが飛来し、予備機は近くのアメリカ空軍基地などで待機するような運用も行われます。

【空飛ぶ執務室】VC-25の内部ほか 写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント