「準政府専用機」って? 空自のVIP機U-4誰が乗る?「多用途支援機」の名はダテじゃない

羽田空港などで見かけることの多い政府専用機、実は2機しかありません。また大型機ゆえに少人数や短距離の運航には向かないことも。そこで航空自衛隊にはビジネスジェットが原型の「準政府専用機」といえる要人空輸機があります。

準政府専用機としても使われる空自のビジネスジェット

 航空自衛隊には、政府首脳や皇族などの要人輸送用として、大型のボーイング777型ジェット旅客機がベースの政府専用機が配備されています。

 しかし政府専用機は2機しかないうえ、大型ゆえに少人数での運航や、短中距離飛行などでは、かえって使いづらい部分もあります。そのような部分を補う形で運用されているのが「U-4多用途支援機」です。

Large 201007 u4 01

拡大画像

入間基地出発前、ほかの自衛隊基地に向かう隊員を乗せる航空自衛隊のU-4多用途支援機(2020年9月、柘植優介撮影)。

「多用途支援機」とは聞き慣れない名称かもしれませんが、要は何でも屋という意味です。多用途に使え、各種支援のために用いられる機体として命名されたもので、航空自衛隊ではU-4のみに付与されています。そのため人員空輸だけでなく、指揮連絡や軽貨物輸送、訓練支援なども行います。

 そもそもU-4多用途支援機は、アメリカのガルフストリーム社が開発したビジネスジェット機「ガルフストリームIV」をベースに、所要の改造を施した機体です。

 おもな改造としては機体右側面に設けられた大型のカーゴドアでしょう。この開口部はビジネスジェットには必要ないものですが、U-4では人員乗降扉を通せないような大型貨物であってもカーゴドアを開けることで積載できます。

 併せて機内のシートも取り外せるようになっており、通常は2列+1列の座席配置ですが、幾つかのシートを外して、荷物をより多く載せることも可能です。

★★首相も乗るU-4多用途支援機の内部、外部を写真でチェック!★★

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. U-2ではありませんね