なぜ東武デラックスロマンスカーは「最も豪華な私鉄特急」か 施設とサービスの“国鉄キラー”

1960年、後に「日本一豪華な私鉄特急」と呼ばれる車両が東武鉄道に登場しました。1720系「デラックスロマンスカー」です。フリースペースやビュッフェを備え、座席は当時の国鉄特急の1等車並み。誕生の背景を探ります。

私鉄特急で最高の豪華さといわせしめた

 東武鉄道の看板特急といえば100系「スペーシア」で、個室やビュッフェを備えた豪華な設備が有名です。2023年の登場を予定している新型N100系も、個室やカフェ車両を備えるそうで、登場が待ち望まれています。

 この豪華看板特急の先駆けとなった特急車両が、1960(昭和35)年に登場した1720系「デラックスロマンスカー」です。この車両は、登場時はもとより20年あまりを経ても、鉄道雑誌で「国鉄グリーン車以上」「日本の特急でサロン室があるのは、東武のみ」と評価され、「私鉄で最も豪華な車両」として長く知られました。

Large 220524 drctb 01

拡大画像

「デラックスロマンスカー」こと東武1720系電車。「私鉄で最も豪華な車両」と呼ばれた(画像:東武鉄道)。

 それを体感する車内設備のひとつが座席でしょう。2022年現在も東武博物館や岩槻城址公園、わたらせ渓谷鐵道の神戸駅(群馬県みどり市)にある「電車のレストラン 清流」の保存車両で体験できます。回転式リクライニングシートのシートピッチは1100mmで、背もたれは深く倒れ、フットレストも設けられています。窓下には折り畳みテーブルも設置され、現在の最新特急と比較してもひけを取らない居住性です。

 なお、「デラックスロマンスカー」登場の2年前、国鉄は画期的な電車特急20系(後の151系)「こだま」形を登場させました。この電車は全車両に冷房が備え付けられ、2層固定窓などによって静粛な車内空間を実現したこともあり、「デラックスなビジネス特急」として大変な好評を博していました。

【60年前とは思えない豪華さ!】「デラックスロマンスカー」の車内を見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. DCR(デラックスロマンスカー略称)というと、試運転中にレコードの針が飛んだ話が有名ですかね、
    乗りものとは全く関係ないですが、清流レストランの画像に写っているカリタ ハイカットミル(黒)、後継発売され廃盤になっているため今では台数減って貴重だったりします。