これ船だ! 土佐くろしお鉄道「側面オープンデッキ」車のビックリ車内レイアウト

眺望が売りの列車は全国にあります。前面展望が楽しめる「ロマンスカー」、側窓を設けずに自然の風を受けられるトロッコ列車などです。でも、客船のようなオープンデッキ車両は土佐くろしお鉄道だけ。どんな車両でしょうか。

9640形の特別仕様車

 高知県を走る土佐くろしお鉄道のうち、ごめん・なはり線で使われる9640形(くろしおがた)気動車には、興味深い特徴があります。全11両が「特別仕様車」「通常仕様車」「お座敷対応車」に分かれているのです。

 中でも特筆すべきは「特別仕様車」です。この車両は2002(平成14)年に2両製造されたもので、ほかの車両と異なり、鯨のように丸みを帯びた前頭部が目を引きます。

Large 220531 krsot 01

拡大画像

土佐くろしお鉄道9640形気動車(安藤昌季撮影)。

 そして車両側面の海側が、客室と分離された、まるで船のような「オープンデッキ」となっているのです。客船ならば、客室の外に通路としてのオープンデッキが設けられていることは珍しくありませんし、鉄道車両でも前後にオープンデッキがある車両は存在します。しかし車両の側面がオープンデッキになっている鉄道車両は、類を見ないのではないでしょうか。

 オープンデッキ部分に側窓はなく、自然の風を感じながら太平洋の景観を楽しめます。ちなみに床に排水溝がある点も、船のオープンデッキのようです。

 側窓が存在しない車両としては、トロッコ列車が全国で走っていますが、こちらは素晴らしい眺望性があるものの、雨天ではずぶ濡れとなります。一部のトロッコ列車では、通常の座席車を連結するなどして雨からの避難場所を確保していることもありますが、9640形の「特別仕様車」では、天候が悪くなれば脇の客室内に戻ればよく、そこからも幅1.42mの大きな側窓を通じて景色を楽しめます。

【客船やん!】9640(くろしお)形のオープンデッキを見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント