”復活の日”迫るANA巨大機「A380」、深夜に行われた「準備」とは? 28か月ぶり定期便本復帰を前に

いよいよ迫ってきた感ありますね!

初号機と2号機でホノルル線へ

 ANA(全日空)が2022年7月1日から、約2年4か月ぶりに定期便へ定常的に投入する総2階建て客室を持つ超巨大旅客機、エアバスA380「フライングホヌ」。再投入を直前に控えた6月24日深夜、同機の拠点である成田空港では、同型機の外装洗浄作業が実施されています。

Large 01

拡大画像

定期便投入を控え、機体の洗浄が実施されたANAのエアバスA380(2022年6月25日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ANAのA380は、2019年に成田~ホノルル線の専用機として導入されました。現在は3機体制で、それぞれ異なったデザインとトレードカラーをもつ「ウミガメ(ホヌ)」の特別塗装が施されています。座席はファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4クラスで計520席を配します。

 ただ、新型コロナウイルス感染拡大による需要減退の影響によって、同型機は2020年3月に定期便運用から外れており、その間は成田空港で羽を休めながらも、不定期で地上イベントや遊覧チャーターなどに活用されてきました。

 今回洗浄された「JA382A」は導入2号機で、「ハワイの海」をイメージしたグリーンのカラーリングが特徴。7月からは「ANAブルー」のカラーリングを持つ初号機「JA381A」と2機体制で、金曜、土曜の週2往復のスケジュールで成田~ホノルル線の運用に入る予定です。なお、初号機も運航開始までに洗浄が実施される予定とのことです。

【写真】高さエグすぎ!! 大迫力のA380洗浄作業の様子をさっと見る(21枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント