『トップガン』ではF-14のライバル「世界一有名なミグ戦闘機」MiG-28の謎

映画『トップガン』の劇中において、F-14「トムキャット」の敵役として登場したMiG-28戦闘機。ただ、同機はミグの名を名乗っているものの、旧ソ連で生まれた飛行機ではありませんでした。いったいどんな機体なのでしょうか?

「世界で最もメジャーなミグ」の詳細

 MiG(ミグ)といえば旧ソ連(現ロシア)を代表する航空機設計局の名門です。アメリカとソ連が敵対関係にあった冷戦時代、いくつもの著名な戦闘機を生み出しており、たとえばMiG-25は1976(昭和51)年に函館空港へ強行着陸して、日本でも話題になりました。

 ゆえに、1986(昭和61)年に公開されたトム・クルーズ主演の傑作スカイ・アクション映画『トップガン』においても、F-14「トムキャット」の敵役として「ミグ一族」のMiG-28が登場しています。

 このMiG-28、おそらく「世界で最も有名なミグ戦闘機」と言っても過言ではない機体ですが、当のMiG設計局は一切関与していません。それはどういうことなのか、ひも解いてみましょう。

Large 220628 mig28 01

拡大画像

MiG-28役を務めたアメリカ海軍のF-5戦闘機(同型機)。劇中のMiG-28は黒の機体色で、黄色い円の枠線のなかに赤星という架空の国籍マークが描かれた(画像:アメリカ海軍)。

 映画『トップガン』によれば、そもそもMiG-28は1980年代中頃に旧ソ連の同盟国にも供給されていた当時最新鋭のMiG戦闘機で、少なくとも単座型と複座型の2モデルがあったようです。ただ同機は、燃料供給系の不具合でマイナスG機動ができないため背面飛行や背面旋回が無理という点や、旧ソ連製の戦闘機ながら、フランス製の空対艦ミサイル「エグゾセ」の運用能力をなぜか備える戦闘機でした。

 ところがF-14「トムキャット」との敵対的示威飛行の結果、マイナスG機動ができないという情報は間違っているということが、西側でMiG-28との最初の空中での接触者となった同機のパイロット「マーヴェリック」らによって確認されます。

テーマ特集「『トップガン』の戦闘機大特集 F-14やF/A-18…徹底解説!」へ

【ソ連機の特徴を捉えてる?】様々な“珍塗装”が施されたF-5戦闘機たち

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. エリア88を読んでいればタイガー2とか、ミグ21とか懐かしさを感じる。

  2. 個人的には、世界一有名なのはMig21だと思っていた