もう中央道経由はあり得ない? vs東名vs新東名 東京~名古屋はどれだけ違う?

東名・新東名・中央道でそれぞれ東京~名古屋を移動すると、どのような違いがあるでしょうか。所要時間のうえではその差が広がっているようです。東名や中央道をあえて選ぶメリットはあるでしょうか。

新東名がさらに“早く”なった

 2022年のお盆も高速道路では激しい渋滞が予想されています。東京~名古屋など広域の移動をする人も多いことでしょう。では、東京~名古屋は東名高速・新東名高速・中央道経由でどれくらい違うでしょうか。実はその“差”が拡大しているようです。

Large 220803 chuo 01
静岡区間が6車線化され、最高120km/hになった新東名(画像:NEXCO中日本)。

 東京側の起点を霞ヶ関(首都高)、名古屋側の終点を名古屋IC(東名)としてNEXCOの検索エンジンで比較したところ、次のような結果になりました。なお、新東名経由は御殿場JCT~豊田東JCT間を、中央道経由は高井戸~小牧JCT間を経由するもので、普通車ETC料金を掲載しています(首都高霞ヶ関入口は2022年4月からETC専用)。

・新東名経由:328.3km、3時間15分、7930円
・東名経由:339.2km、3時間45分、7930円
・中央道経由:373km、4時間46分、7950円

 新東名経由と東名経由はほぼ10kmの差ながら、所要時間は東名経由が30分増。中央道経由は、新東名経由と比べ48km増、所要時間では1時間半もの違いがあります。

 もともと新東名は線形がよく早いルートでしたが、2020年12月に静岡県内およそ145kmが6車線化され、最高速度120km/hの本格運用も開始されました。東名は最高速度100km/hのままなので、以前より所要時間の差が開いているといえます。

 中央道に至っては、カーブやアップダウンの多い線形ゆえにほとんどの区間で最高速度が80km/h(一部70km/h)に抑えられていることから、新東名のスペックにはかないません。

 現在は圏央道のほか、東富士ルート(中央道富士吉田線~東富士五湖道路~須走バイパス)、中部横断道といった中央道と東名・新東名を結ぶ南北路線も整備されました。八王子や甲府などから中央道へ乗ったとしても、それらを使って新東名へ出るルートの方が、小牧まで乗り通すより早くなっています。

【地図】東名・新東名・中央道ルート比較 そんなに距離違う?

最新記事

コメント