関東の高速道路「穴場なPA」5選 東名 中央 関越 東北 京葉 SA混雑時も余裕あるかも?

高速道路の首都圏から近いSAは混雑しがちですが、そうした人気SA周辺のPAであれば、混雑する時間帯も余裕をもって休めるかもしれません。今回は、関東近郊の穴場なPAを5つ紹介します。

人気SAは混雑 周辺のPAならばゆっくりできる?

 首都圏から近い高速道路のSAはしばしば混雑し、時間帯によっては入場待ちの車列ができることもありますが、そこから少し進んだところ、あるいはその手前のPAであれば、そうした時間帯でも余裕をもって休憩できるかもしれません。今回は、そのような関東近郊の穴場なPAを5つ紹介します。

東名高速 鮎沢PA(神奈川県山北町)

 東名高速の東京側から数えて、港北PA、海老名SA、中井PAに次ぐ4つ目の休憩施設が鮎沢PAです。東名の下り線では、日本最大級のSAである海老名SAのほか、鮎沢PAの次の足柄SAも、時間帯によっては混雑しますが、上記3つのPAのなかで鮎沢PAは駐車可能台数も比較的多く、余裕があるといえるでしょう。

Large 200319 pa 01

拡大画像

東名高速下り線。鮎沢PAの下り線は「左ルート」上にある(2018年3月、乗りものニュース編集部撮影)。

 というのも、東名の下り線は鮎沢PAの手前で「右ルート」と「左ルート」に分かれ、鮎沢PA下り線は、このうち左ルートからしか入れないためです。この左ルートは旧来の東名下り線で、右ルートはもともと上り線でした。車線増設の過程で、現在の上り線を新設し、旧上り線を「下り線の右ルート」として転用、それと同時に、上り線PAは新設の上り線に移設されました。

 鮎沢PAは、下り線エリアにも軽食コーナーやショッピングエリアなどがありますが、規模のうえで大きいのは上り線です。こちらはコインシャワーやコインランドリー、ドッグランといった施設も備えます。ちなみに隣の足柄SAは、高速バスがトイレ休憩で立ち寄ることも多いのですが、近年は混雑するようになり、この鮎沢PAに休憩場所を変えるケースもあります。

【地図】関東近郊の穴場PA5か所の位置

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 鮎沢は規模の割には駐車場広くて空いてるからよく寄る。
    石川は・・・穴場か?リニューアル後はいつも混んでるから最近全く行かなくなった。
    4号→中央道を来ると一つ目だし、次の藤野は狭すぎるし談合坂はまだ遠いし、むしろ集中する所だろ。

  2. いや京葉市川PA上り線は船橋インター先が予定地で下り線との集約にはならない