見たことある? 「スカイラインGT-R」の4扉パトカー 四半世紀生きる唯一無二の「怪物」

神奈川県警には唯一無二の警察車両が存在します。それは全世界でたった422台しか製作されなかったR33スカイラインGT-Rの4ドア仕様がベースの交通取締用パトカー。そんな希少車が2022年9月、イベントで披露されました。

現存は世界でも1台のみ 4ドア仕様GT-Rパトカー

 神奈川県の有料道路、小田原厚木道路にある大磯PAで2022年9月21日(水)、交通安全キャンペーンが開催されました。

 このイベントは秋の全国交通安全運動に合わせて神奈川県警が実施したもので、交通安全グッズの配布などが行われる中、来場者の目を集めていたのが、第二交通機動隊に配備されている日産「スカイラインGT-R」パトカーの展示でした。

Large 220921 r33 01

拡大画像

大磯PAで行われた交通安全キャンペーンで展示された神奈川県警のR33スカイラインGT-Rパトカー(柘植優介撮影)。

 スカイラインGT-Rパトカーというと、2022年9月現在「R34」と呼ばれる最終型を埼玉県警が保有していますが、神奈川県警の車両はひと味違います。こちらは「R33」というひとつ前のタイプ、加えて4ドア仕様なのがポイントです。

 これは「スカイラインGT-R オーテックバージョン 40th ANNIVERSARY」と呼ばれるもの。その名が示すとおり、日産車のチューニングや特装車の企画・開発を手掛けていたオーテックジャパン(現日産モータースポーツ&カスタマイズ)が、スカイライン誕生40周年を記念して生み出した特別仕様で、たった422台のみ製作された限定車です。

 4ドアのため、一見するとセダン仕様のスカイラインをGT-Rテイストにチューニングしたように思えますが、そうではなく、2ドアのGT-Rをベースに金型から新たに起こしたリアドアとリアフェンダーを取り付ける形で造られたそうです。

【唯一無二の4ドアGT-R】運用は神奈川県警のみ! R33スカイラインGT-Rパト運転席までイッキ見

最新記事

コメント