悲劇!車買ったら家族がゲーッ… 酔わなくて乗り心地よい車、決め手はあるのか

クルマを選ぶ当人はあまり気にしなくても、購入後に家族から「酔う」「乗り心地が悪い」と言われてしまうと、目も当てられません。後悔しないため、選ぶポイントはあるのでしょうか。メーカーも、クルマ酔いに関して向き合っています。

購入後の後悔につながる? 家族のクルマ酔い問題

 クルマを選ぶ際に、あまり重要視されないけれど、購入後に意外と気になるポイント、そのひとつが“クルマ酔い”のしやすさでしょう。

 運転する本人がクルマ酔いになることは、ほぼありません。ところが、クルマによっては、助手席や後ろの席に座る家族から、「酔う」と言われることが増えることも。せっかく買った新しいクルマを残念に感じてしまうことにつながりかねません。

 では、クルマ酔いは、なぜ発生するのでしょうか。

Large 221024 yoi 01

拡大画像

シトロエンが2018年に発表した車酔いしないメガネ「シートロエン」。船酔いも改善された、という声もある(画像:ステランティス)。

 クルマ酔いは、目から入ってくる情報と、実際の身体の揺れが合致しないことによる、自律神経系の病的な反応であり、不快感やストレス・不安も関係するとされています。走行中の車内で本を読んだり、スマートフォンなどに注視していると、クルマ酔いしやすくなるのが、その典型と言えるでしょう。周りを見ていないため、自分がどのように揺れるかがわかりません。その目からくる認識と、実際の身体に生じる揺れとのズレが頭を混乱させて、吐き気やめまいなどの病的な症状として表れるというのです。

 そうした問題を是正するために、自動車メーカーも努力しています。そのひとつであり、非常にユニークな試みが、フランスのシトロエンによる乗り物酔い防止メガネ「シートロエン」です。2018年にシトロエンが発売し、日本でも翌年に導入されて、あっという間に売り切れました。メガネのフレーム内に着色された水が入っており、揺れに対して、常に視界に水平を表示するというもので、このメガネの口コミなどには、クルマ酔いが改善されたいう声が見られます。

 もちろん、メガネではなく、クルマの動き自体で、酔いしにくいクルマを作ろうという努力も払われています。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

コメント