東京駅100周年 限定Suica発売で見られる奇妙なやりとり

東京駅が開業100周年を迎えることを記念して、15000枚限定で発売される記念Suica。こうした限定品の発売では、列に並んでいると不思議なお願いをされることがあります。

12月の早朝から長蛇の列か?

 東京が2014年12月20日(土)に開業100周年を迎えるにあたって、それを記念した「東京駅開業100周年記念Suica」が発売されます。

2014年12月20日に限定15000枚で販売される「東京駅開業100周年記念Suica」。

 販売は東京駅丸の内南口ドーム内特設ブースにおいて、2014年12月20日の8:00から実施(丸の内南口「みどりの窓口」に変更の可能性あり)。売り切れ次第終了ですが、そうならなかった場合は当日22:00まで販売されたのち、翌日以降は丸の内南口「みどりの窓口」で、その営業時間内に販売される予定です。

 発売枚数は15000枚限定で、1人3枚まで購入可能。1枚2000円で専用台紙が付きます。購入は現金のみで、価格には500円の預かり金(デポジット)が含まれています。また記名式の「My Suica」「こどもSuica」への変更、定期券をつけることはできません。

 こうした限定Suicaの発売では、それを求める人で早朝から混雑することが珍しくありません。今回は土曜日なこともあり、屋外まで長蛇の列になる可能性もあります。12月という季節柄、服装などには要注意です。

 さて筆者もかつて、そうした限定Suicaの発売に早朝から並んだことがありますが、そのとき後に並んでいた男性から、不思議なことを尋ねられました。

この記事の写真一覧

  • 20140926_limitedsuica
1 2

関連記事

最新記事

コメント