東京駅社員食堂が再び一般開放 昭和初期にさかのぼる社食で「懐かしの食堂車の味」を楽しめるワケ

東京駅100周年を記念し、同駅の社員食堂が2日間限定で再び一般開放されることになりました。そこでは「懐かしの駅食堂」「懐かしの食堂車」の味を楽しめるそうですが、なぜ駅の社員食堂で「駅食堂」はまだしも、「懐かしの食堂車」の味を楽しめるのでしょうか。そこには昭和初期までさかのぼれる歴史的背景がありました。

東京100周年に合わせて

 2014年10月11日から13日の3日間、「鉄道の日」を記念した「東京鉄道祭」に合わせて東京駅の社員堂が一般に開放されました。普段は入れない場所であるため多くの注目を集め、当日は待ち時間が1時間になることもあり、泣く泣く食事を断念した人も少なくないと思われます。

 しかし再び、東京駅の社員食堂で食べられるチャンスをがやってきました。2014年12月20日の東京駅開業100周年に合わせ、12月20日(土)と21日(日)にも2日間限定で一般開放されることになったのです。

2014年12月に行われる東京駅の社員食堂一般開放で食べられるメニュー(資料:日本レストランエンタプライズ)。

 営業時間は11~15時で、ラストオーダーは14時30分。当日は次のメニュー4種類が提供されます。価格はすべて税込み600円です。

・懐かしの食堂車カレー(100周年版)
・懐かしの駅食堂のハンバーグ定食
・当食堂人気 から揚げ定食
・当食堂人気 とんかつ定食

 「懐かしの食堂車カレー(100周年版)」は、「100周年当日にふさわしく『100』の文字をポテトとイカリングで表した」とのこと。また食事をした人には、100周年記念のポストカードがプレゼントされます(なくなり次第終了)。

 ところでなぜ駅の社員食堂で、「懐かしの駅食堂」はまだしも、「懐かしの食堂車」の味を楽しめるのでしょうか。これには昭和初期からの歴史的背景があったりします。

この記事の写真一覧

  • 20141129_nre
1 2

関連記事

最新記事

コメント