激化する成田戦線 LCC戦国時代、その未来は

3月29日からピーチ・アビエーションは成田~新千歳の定期路線を就航。関西、那覇に次ぎ、成田を第3の拠点にします。成田を舞台に、激しさを増すLCCの争い。そこにはどんな背景があり、また今後どこへ向かっていくのでしょうか。

拠点を増やすピーチの狙い

 2015年3月29日(日)から、ピーチ・アビエーション(以下ピーチ)が成田~新千歳線に1日1往復で就航。これにより同路線は国内LCC、3社全てが就航する激戦区になります。

 対するバニラエアは同日から成田~新千歳線を1日5往復(従来は1日3往復)に増便し、利便性を向上。ジェットスターは週末7往復を運航しており(月~木の平日は6往復)、3社合計13往復が飛ぶことになるのです。乗客にとっては選択肢が増え、総じてLCCの利用者が増加することは間違いないでしょう。

関西空港を始まりに、拠点を増やしているピーチ(2013年7月、坪田敦史撮影)。

 ピーチは2013年10月に関西~成田線の運航を開始し、成田空港へ乗り込んできました。当初は関西発のピーチ便に乗り継ぐ関東発着の乗客を取り込む目的もありましたが、今回は「成田~新千歳」と「成田~福岡」を同時に新規就航させ、関西、那覇に次ぎ成田を拠点化します。首都圏の新たな利用者の獲得に、本気を出してきたといえるでしょう。

 ここでいう「拠点空港」というのは、運航機材エアバスA320型機)を夜間駐機させ、そこから日々の路線運航を展開する方式です。

 通常LCCは機材や乗員のステイ費用を抑えるため、早朝に拠点空港を出発し、最終便で拠点空港に戻るパターンが取られます。しかし、ピーチは保有機材が14機にまで増え(2015年3月時点)、全機材を関西空港に定置させるのには限界があり、計画的に機材を別の空港にオーバーナイトさせる必要が生じてきました。

 乗員も拠点空港をベースに採用、配置すれば、ステイ費用は最低限ですみます。また拠点空港から朝イチに便を飛ばし、最終便の到着も遅い時刻に設定できるため、特にビジネスユーザーにとっては利便性が向上します。

 ピーチは今後さらに機材を増強する計画で、2017年には仙台も拠点化すると発表しました。

 さて、いまピーチが勢力を拡大する理由は、もうひとつありそうです。再生するエアアジア・ジャパンの就航よりも前に主要路線での運航を開始し、国内LCCとしての人気を不動のものとする狙いです。

この記事の写真一覧

  • 150321_peach_01
  • 150321_peach_02
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 個人的に調布に来てほしかったが(笑)それと松本とか静岡とか能登とか出雲とか高知とか離島とか通ってほしいところはある。これらなら、成田から関西乗り換えて出雲とかもいけると思うし。