海老名JCT、改良後はじめての年末年始 その結果は劇的改善

「渋滞名所」ともされていた海老名JCTですが、この年末年始、改良された部分での渋滞発生がゼロに。状況が大きく変化しています。

かつてのボトルネックで渋滞発生せず

 NEXCO中日本は2016年1月5日(火)、今年度の年末年始(2015年12月26日~2016年1月4日の10日間)における東名・海老名JCTの交通状況を発表しました。

 東名の上下線から圏央道外回りへ向かうランプウェイ(連絡路)では期間中、2万4300台の交通量がありましたが、渋滞は発生しませんでした。

 なお昨年度の同時期(2014年12月26日~2015年1月4日の10日間)は、このランプウェイ部分において渋滞が7日間発生。1日平均の渋滞時間は約6時間です。

2015年に東名から圏央道外回りへのランプウェイが一部、暫定2車線化された海老名JCT(画像出典:NEXCO中日本)。

 海老名JCTのうち、東名の上下線から圏央道外回りへ向かうランプウェイは2015年10月30日、暫定措置として一部区間が1車線から2車線に変更されました。

 それまで、東名の上下線から圏央道外回りへ流入する2本のランプウェイが途中で合流し、1車線になることからボトルネックになっていましたが、暫定2車線化と圏央道外回り本線の車線削減により、それが解消された形です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 圏央道内回り→東名上下線は毎日のように渋滞が発生してますが、それについて問題の指摘はされないのですか。

  2. この記事を見たのか、産経が1/7付けでパクったような記事が掲載されましたね

  3. コメントで指摘されている圏央道内回り→東名道の連絡路も同様に2車線化し東名道上り・下りで分離工事をする模様です。
    連絡路には2車線用のライン(下書き)が書かれ、あちこちに4月下旬工事の案内が出ていました
    うまいこと効果が出てくれると大変ありがたいところであります