空自、次期主力戦闘機F-35Aを公開 「グレー日の丸」を初採用

日本向けのステルス戦闘機F-35Aの姿が2016年8月15日、初公開されました。機体に描かれている「日の丸」に「ロービジ迷彩」が採用されるなど、これまでの空自機にない特徴を持っています。

2016年10月までに4機を出荷

 航空自衛隊が2016年8月15日(月)、その次期主力戦闘機であるロッキード・マーチンF-35A「ライトニングII」日本向け初号機「#701」の写真を初めて公開。その組み立てが完了したことを明らかにしました。

公開された日本向けF-35Aの初号機。「日の丸」がグレーの「ロービジ(低視認性)迷彩」になっている(写真出典:航空自衛隊)。

 公開されたF-35A初号機「#701」は、ロッキード・マーチン社(アメリカ)のフォートワース工場(テキサス州)において飛行試験を行ったのち、航空自衛隊へ引き渡しが行われる見込み。2016年10月までに4機が出荷され、合計42機が航空自衛隊へ導入される予定です。

 航空自衛隊で最初のF-35A実戦部隊は三沢基地(青森県三沢市)での編成が決まっていますが、まず出荷される4機はルーク・アメリカ空軍基地(アリゾナ州)へ移され、同基地に所在する「F-35Aアカデミックトレーニングセンター」において、航空自衛隊パイロットらの訓練機材として用いられる予定です。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. こんなのに税金つかうな。

  2. ↑国防も大事な福祉の一環なのがわからないお馬鹿さんか。

  3. やっぱりあの梅干しマークは目立つんですね。他の機種も灰色に塗り替えた方がいいのでは

  4. その昔、飛行教導隊のT-2の日の丸を
    グレーでオーバースプレーして目立たなく
    したけど航空法に触れるとかで元に戻されました。今回は特例なんでしょうかね。

  5. F16と模擬戦して負けたのですよね?連携して戦うから良いって言うけど、ソフトウェアは日本には提供してくれないから連携のしようもないでしょう。トランプは「こんなものやめてしまえ」という状況で。カネをドブに捨てる結果にしかならないのでは?