自転車の事故類型で最も多い「出会い頭の衝突」、ヘルメット無し衝撃17倍

自転車同士による出会い頭の衝突事故を想定したテストをJAFが実施。ヘルメット着用の有無で頭部への衝撃がどれほど異なるか、比較検証しました。特に子どもを乗せている場合、より注意が必要です。

母子3人乗り自転車と男性1人の自転車が衝突

 JAF(日本自動車連盟)は2016年10月14日(金)、自転車同士が衝突して転倒したときの頭部への衝撃について、検証した結果を発表しました。

自転車同士の、出会い頭の衝突事故を想定したテストを実施(写真出典:JAF)。

 自転車は免許も不要で気軽に乗れるものですが、転倒した場合、頭部などを地面に強打し、致命的なけがを負う可能性があります。そこでJAFは、自転車の事故類型で最も多いという「出会い頭の衝突」を想定したテストを実施。その危険性を検証しました。

 実験では、母子3人乗り自転車(幼児2人同乗基準適合車)と、男性が乗る自転車がいずれも20km/hで走行中、出会い頭に衝突した際、衝撃が脳におよぼす影響度を示す目安である「頭部損傷基準値(HIC)」を、ヘルメットの着用有無で比較しています。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント