東武鬼怒川線に新駅「東武ワールドスクウェア」、2017年夏開業

東武鬼怒川線に2017年夏、「東武ワールドスクウェア」駅が開業します。テーマパーク「東武ワールドスクウェア」の前に新駅を設け、観光地としての回遊性を高めるのがねらいです。

2017年は新型特急デビューやSL復活運転を計画

 東武鉄道は2016年11月25日(金)、鬼怒川線に新駅「東武ワールドスクウェア」を設置すると発表しました。

 開業予定は2017年夏。新の場所は小佐越駅(栃木県日光市)から約0.68km、鬼怒川温泉駅(同)から約1.85km付近の位置で、テーマパーク「東武ワールドスクウェア」からは徒歩1分。計画ではホームは1面で、線路は現在の1線のままです。

東武ワールドスクウェア駅は東武鬼怒川線の小佐越~鬼怒川温泉間に設置される(画像出典:東武鉄道)。

 鬼怒川線では2017年春から新型特急車両「Revaty」の運転を予定。また同年夏にはSL列車の復活運転も控えています。東武鉄道は「東武ワールドスクウェア」前に新駅を開業させることで、鬼怒川地区の、観光地としての回遊性を高めたいとしています。

「東武ワールドスクウェア」は1993(平成5)年4月に開園。「世界の遺跡と建築文化を守ろう」をテーマに、世界文化遺産に登録されている46物件を含め、合計102点の有名建築物を25分の1スケールで精巧に再現、展示しています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161125_tobuws_02
  • 161125_tobuws_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. スカイツリー、25分の1スケールなのに26メートルもあるって笑うよね

  2. これはいい^^
    昔、小佐越駅から歩いたことあるけど、物凄く遠かった。